陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
$1bn to build unmanned fighter  無人戦闘機製造に10億ドル
ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)無人戦闘機受注で
10億ドルGET
a0011290_2356213.jpg

BBC NEWS Science/Nature
Monday, 23 August, 2004, 15:38 GMT 16:38 UK

米国国防事業契約者は、米軍に対するプロトタイプ無人戦闘機
製造の為の資金提供として、10億ドル以上を受け取った。
ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)は5年間で、
米国国防省防衛高等研究計画局(Darpa)のために少なくとも3機
のフルスケール飛行プロトタイプ機を製造する。
この契約における勝利は、ノースロップのX-47Bコンバット・ドローン
研究の継続を可能にするだろう。

多くの無人戦闘機が地上から、あるいは航空母艦から、ネットワーク
につながれ、コントロールされることが望まれている。
この機体が目論む重要ミッションは、敵の航空防御の制圧、
高精度攻撃、電子的攻撃、敵防空圏最深部への監視、等。

ボーイングは、既にX-45Cと呼ばれる別のドローンを、Darpaに
統率された、同じ作戦的評価過程の
 Joint Unmanned Combat Air System (J-UCAS)
デモンストレーション・プログラムの中で開発している。
J-UCASの目的は、未来のネットワーク中心の戦場で展開可能な、
操縦および通信の統合センサーを装備した無人戦闘機(UCAV)を
見つけ出す事にある。

[Network Centric Warfare]
ネットワーク中心の戦闘は、情報の優位性をもって敵に対する
圧倒的優越性を獲得する事、さらに過去に可能であった規模よりも
迅速かつ有効にリソースの展開が可能になる事を含んでいる。


「X-47Bは、軍事的オペレーションの全ての領域を
サポートするのに高度に適応した、非常に有能な航空
作戦システムである事を保障する。」 スコット・ウィンシップ
(ノースロップ・グラマンのJ-UCASプログラム管理者)は言う。
「それは非常にステルスで生存率が高い。
それは大きな内部武器ペイロードを備えた各種のセンサーを運搬し、
新たに立ち上がる軍の作戦アーキテクチャーのネットワークに
完全に接続されるだろう。」

この契約の賞金は、3000万ドルの操業資金を含んでいる。

■$1bn to build unmanned fighter - BBC NEWS
Last Updated: Monday, 23 August, 2004, 15:38 GMT 16:38 UK
http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/3591684.stm

参考
■Microsoft Patents Body-As-Network マイクロソフトの人体特許
http://conspiracy.exblog.jp/536563/
ネットワークに人体そのものを接続するというマイクロソフトの野望

■RMAがもたらす「新しい戦闘様相」について
(Network Centric Warfare について言及している。面白い。)
http://www.drc-jpn.org/AR-6J/okamoto-j02.htm

■Northrop Grumman Corporation - Defining the Future
NORTHROP GRUMMAN NEWS RELEASE

関連 追記 2005/10/24
■ Russian Stealth Aircraft Technology
ロシアがプラズマ・スクリーン・テクノロジーを使用したステルス機を開発
http://conspiracy.exblog.jp/2389136/
[PR]
by gangster007 | 2004-08-27 00:07 | SCIENCE
<< Another Cause f... Suspect Zero - ... >>