陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
Hemp Conspiracy - 麻に関する陰謀
a0011290_215411.jpg
■Hemp Conspiracy
http://www.hempconspiracy.com/
マンションから不可解なダイブをしたあの 窪塚洋介 について、
ネットであれこれと調べているうちに、かなり面白いサイトを発見。

窪塚洋介が「大麻」と「地球環境」について何か語っていたようだが、
この話題は、実はかなり危険で相当に怪しい部分が隠されている。
「大麻」の犯罪や薬物に関連したネガティブな情報は、元をたどると、
1930年代のアメリカの木材パルプ産業の経済政策に
深く関係しているらしい。

以下の ■Hemp Conspiracy のWebサイトにUPされている論文では
当時の木材パルプ産業経済人と米連邦政府との間では、
「麻」を用いた新たな産業資源を警戒して居た事が述べられている。
さらに「麻」に対して何らかの圧力が掛けられていたものと分析し、
結論を出している。
非常に長文で難解な英語の論文だが、その結論部分だけでも
読む価値はある。コレはオモシロイ。

UNRAVELING AN AMERICAN DILEMMA
:THE DEMONIZATION OF MARIHUANA
http://www.hempconspiracy.com/LEARN/articles/dilemma.htm

Conclusion 以下の重要部分
On the basis of the present research, the guiding
impetus for the demonization of marihuana rested on
the economic control of a vital raw material - cellulose.
 At the time, when the new hemp industry was
emerging, the production of cellulose was
monopolizedby the wood pulp industry.
 Responsibility for the demise of the hemp industry
during the 1930s would seem to reside with the
upper echelon of management in the several
dominant banks and corporations, as well as with
officials in the federal government, all of whom were
associated with the wood pulp industry.
Prior to and during the 1930s, the wood pulp
industry demonstrated hostile behavior whenever
its fiscal domain was threatened by economic
changes.
If hemp became established as an alternate source
for the manufacture of paper and other cellulose
based products, such as building materials, textiles,
and plastics, these business managers, bankers,
and government officials faced the stark reality of
significant financial losses.

2004/12/24 追記
Hemp Conspiracy のサイトが消滅している。
しかし上記論文を含む全てのコンテンツは、Internet Archive
http://www.archive.org/web/web.php
にて完全保存されている。したがって閲覧可能。
UNRAVELING AN AMERICAN DILEMMA:
THE DEMONIZATION OF MARIHUANA の Internet Archive の
保存アドレスを貼り付け。
Internet Archive
[PR]
by gangster007 | 2004-06-18 21:55 | FREEMASON
<< ODD Image - Ast... 100 Years of Me... >>