陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
UFO Propulsion System - Bending time and space
時空間を歪曲するUFOの推進システム
■ UFO Propulsion System - Bending time and space
[Indiadaily.com - Mar. 17, 2005]
http://www.indiadaily.com/editorial/1944.asp

かなり面白い。Indiadailyの最近の記事ではBEST。
未確認で不確かなUFOの推進システムの具体的解説よりも、
文末の結論部分の、時空間を歪める超次元的技術に関する、
推測が面白い。誰かが何らかの(具体的には時間)利益を得ている
可能性を示唆するモノ。
その重要部分を抽出して転載。

軍事科学者およびエンジニアは、瞬間的な宇宙旅行を可能にする
究極的推進システムを、最終的に理解し始めている。
UFOは、遠距離を瞬時に移動する方法として、この推進系を使用
している。  (中略)

物理学者と技術者は、ダーク・エネルギー使用の研究を行っている。
その目的は時間と空間を歪めるプロセスを理解する事にある。
それはUFOの飛行パターンの研究を必要としている。というのは
目撃情報および、数学的アルゴリズムが、3次元幾何学を超越する
彼らの飛行姿勢を計算する事の元にあるからだ。
コンピュータ・モデルはこれを補助する。我々は時間的次元を把握
し、分離する、テクノロジーを所有してはいない。しかし我々には、
2次元的な紙の上で、3次元的ブロックもしくは立方体を描く事は、
可能なのか?それは可能だ。これがアイソメトリック図法
(透視投影法)と呼ばれるもの。
これが、2次元的な紙の上で、3次元的な描写を描くプロセス
である。同様に、複雑なアルゴリズムは、3次元空間という
媒質中で行われるUFOの時間と空間の歪曲の、
リバース・エンジニアリングを可能にする。これによって生じた
マップは、3次元環境中の時間と空間(4次元)を表す。

しばしば我々は、以下の疑問に悩む。
UFO情報の全てを覆い、消し去る為に多くの時間と金を
費やして、いったい誰が利益を得るというのか?
何故、1890年以降、全ての国において多くの嘲笑が存在
し続けるのか?その答えは以下の事実にある。

この時間と空間の歪曲に関するテクノロジーを支配可能
になった者は、他者に対してあらゆる領域で非常に多くの年数分
先行する事が可能になるからだ。






Indiadaily UFO Propulsion System 記事全文和訳
時空間を歪めるUFOの推進システム
スタッフ・リポーター
2005年3月17日

軍事科学者およびエンジニアは、瞬間的な宇宙旅行を可能にする
究極的推進システムを、最終的に理解し始めている。
UFOは、遠距離を瞬時に移動する方法として、この推進系を使用
している。

光速は時速6億7千万マイルである。(長期間に渡り人類が
あらゆる乗り物で、乗ったことが無い数字)
これは、UFOが無人であるかもしくは、地球外生命体が
我々とは根本的に異なる存在である事を意味しているのか?
可能性はあるが、ありそうも無い。宇宙進化論では、
知的生命体は宇宙空間に豊富に存在するが、それらは
それぞれ類似する方法で発展すると考えられているからだ。

時速6億7千万マイルの光速度で移動するのでさえ、遠く
離れた目的地に行くには十分で無い。例えば、光速度で
ある星座から別の星座に移動するのでさえ、数百年間を
要する。そうすると、そのような遠距離間の短期間での移動
には、どのような方法が有り得るのか?これは世界の全ての
人々のUFOについての発言を沈黙させ、UFOの存在と相互作用
についてを隠蔽する、100万ドル賞金規模の非常に困難な疑問。
しかし全ての国家は以下を信じている。:「フラッシュ・トラベル」と
呼ぶテクノロジーが後に彼らの手によって明らかになるという予測。
「フラッシュ・トラベル」とは瞬間的に宇宙のA地点からB地点に
移動する場合に用いられる用語。

このコンセプトを理解する為に、地球の反対に位置する2つの
地点である、ニューヨークとニューデリー間を移動しなければ
ならないと想定する。さて貴方は時間を止める技術を持ち、
そして現在の時点に戻る事を考えて欲しい。午前9時(もしくは
特定日時の他の時間)、地球上で具体的技術を実行し、移動の
為の時間停止を行う。地球が紙あるいは他の柔軟性素材で
作られたものと仮定する。そして地球を変形しNYとニュー・デリー
を互いが接触するまで曲げる。次に、地球の変形による距離の
縮小が要因の、NYとニュー・デリー間の瞬間的移動を行う。
移動が完了した後、元々の空間構成に地球を戻す。
そして現在の時点に自分自身を転送する。
これは一見複雑に見える。しかし現実に一旦技術が習得された場合、
それは実際にはシンプルだ。これを理解する別の方法は、長方形の
一枚の紙を手に取る事。長方形の2つの対角の頂点をまとめ、
互いに接触させる。すると対角の頂点間の距離は実際にゼロになる。

時間と空間を歪めるという事は、未だ移動していない目的地から、
目的地そのものを自らに接近させるというコンセプトである。
これが、UFOのある目的地から別の目的地に移動する正確な方法。
UFOを発見する為に開かれた天空中を望遠鏡を用いて待機し続けて
いる人々が、未だにそれを発見していない理由が、これである。
今、科学者と技術者はその種類の宇宙旅行がどのように可能になる
のかを理解しようと、困惑しているのだ。
その答えは、ダーク・エネルギーとして知られるモノの使用にある。
ダーク・エネルギーは、空間の破壊もしくは変形を可能にする。
さらにダーク・エネルギーが時間の次元を分離する事を可能にする
事を示す、初歩的な兆候が存在する。

物理学者と技術者は、ダーク・エネルギー使用の研究を行っている。
その目的は時間と空間を歪めるプロセスを理解する事にある。
それはUFOの飛行パターンの研究を必要としている。というのは
目撃情報および、数学的アルゴリズムが、3次元幾何学を超越する
彼らの飛行姿勢を計算する事の元にあるからだ。
コンピュータ・モデルはこれを補助する。我々は時間的次元を把握
し、分離する、テクノロジーを所有してはいない。しかし我々には、
2次元的な紙の上で、3次元的ブロックもしくは立方体を描く事は、
可能なのか?それは可能だ。これがアイソメトリック図法
(透視投影法)と呼ばれるもの。
これが、2次元的な紙の上で、3次元的な描写を描くプロセスである。
同様に、複雑なアルゴリズムは、3次元空間という媒質中で行われる
UFOの時間と空間の歪曲の、リバース・エンジニアリングを可能にする。
これによって生じたマップは、3次元環境中の時間と空間(4次元)
を表す。

しばしば我々は、以下の疑問に悩む。:UFO情報の全てを覆い、消し去る
為に多くの時間と金を費やして、いったい誰が利益を得るというのか?
何故、1890年以降、全ての国において多くの嘲笑が存在し続けるのか?
その答えは以下の事実にある。:この時間と空間の歪曲に関する
テクノロジーを支配可能になった者は、他者に対して非常に多くの年数分
先行する事が可能になる。

科学者と技術者は、ダーク・エネルギーを用いた時空間歪曲のコンセプト
の手掛かりを得ているらしい、初歩的な兆候が存在する。
面白いのは、全てのコンセプトの始まりは、アインシュタインの相対性
理論にあると言う事だ。


■ UFO Propulsion System - Bending time and space
[Indiadaily.com - Mar. 17, 2005]
http://www.indiadaily.com/editorial/1944.asp
[PR]
by gangster007 | 2005-03-23 23:09
<< China Gives Ame... Reverse Enginee... >>