陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
more...
タグ:Conspiracy ( 11 ) タグの人気記事
Illuminati Handshake
a0011290_0125867.jpg
フリーメイソン独特の、特殊な方法で握手するレーガンとゴルバチョフの動画

■ Famous Illuminati Handshakes
悪名高いイルミナティの握手
[YouTube - Added February 28, 2007 From rakmanenuff]
http://www.youtube.com/watch?v=%20kbCFCsugwwU

いずれにせよ、こいつらは全員つながっている。

ロナルド・レーガン、ミハイル・ゴルバチョフ、
ドナルド・ラムズフェルド、サダム・フセイン、
ヤーセル・アラファート、ローマ教皇、イングランド女王、
シオニスト、その他・・・

国際銀行家、グローバリスト、ニューワールドオーダー、
アジェンダ、捏造、偽者、嘘、プロパガンダ、秘密、操作、
メディア、共産党、マルクス主義、グローバリゼイション、
アメリカ、USA、英国女王、フリーメイソン、カトリック、
イスラム、原理主義者、NGO、アリス・ベイリー、
ロバート・ミューラー、アダム・ヴァイスハウプト・・・

Category News & Politics

a0011290_015554.jpg

特殊な指の折り曲げ方で、握手をしているのが、確かに確認出来る。

もともとこの場面は、最近YouTubeにUPされているのを発見した、
UFOビデオの長編超大作に含まれていたもの。

本編もなかなか面白かったのだが、この握手場面が特に不気味。
非常に気なる場面ゆえ、オリジナル動画を検索。
握手のみの編集ビデオをYouTubeでついに発見。(27秒)
この握手方法に興味を持つ奴は、他にも必ず居るとは思っていたが。
記録して保存。


Related Link:
■ Secret Masonic Handshakes
http://www.tornado-airsoft.ch/homepage/geheimgesellschaften/freimauer/secret-masonic-handshakes.htm
a0011290_19145941.gif
a0011290_19161261.jpg

[PR]
by gangster007 | 2007-05-07 00:34 | FREEMASON
Mysterious dwarfish alien brutally murdered in Russia's remote village
a0011290_083494.jpg
ロシア僻地の寒村で残酷に殺された奇怪な小人型エイリアン

■ Mysterious dwarfish alien brutally murdered in Russia's remote village
[Pravda.Ru - science - 05.04.2007]
http://english.pravda.ru/science/mysteries/89132-0/

「アリオシェンカ(Alioshenka)宇宙人」事件を調査している
研究者らは、以下の驚異的結論に達した:
その不可解な生物は、以前考えられていた、風邪の感染で死亡
したのではなく、殺されたものと彼らは考えている。

「彼は自然的原因で死んでいない」Kosmopoisk公立研究センター
進行責任者のVadim Chernobrovは言う。
「彼の頭蓋骨は砕かれた事を我々は発見した」
Chernobrovは加えた。

不可解な小人は、チェリャビンスク区域クイシトゥイムの町付近
で発見された。Stanislav Samoshkinは、地元の病院で小人の
身体解剖をした病理解剖学者。それが人間ではない生物である
と主張したのは彼が最初。

「人間の頭蓋骨は6つの骨から構成される。その生物の頭蓋骨は
4つの骨から構成されていた」Samoshkinは言う。

ロシアと海外の研究者らは、11年間にわたり、その「ウラル地方
のエイリアン」の謎を解き明かそうとしている。その話は進行中
の推理小説のように見える。伝えられる所によれば、その小人の
体は盗まれたという。この事件の重要な証人で実際に小人を
"Alioshenka"と命名した老女は、突然死亡した。

[Lost in translation 翻訳で失敗]

アリオシェンカ(Alioshenka)の遺体は消えた。
実際には、その事件に割り当てられた調査官が、それを持ち
去った何人かの犯人らに、遺体を手渡したと伝えられている。

「彼らはUFO研究者と私に自己紹介した。私は彼らが本当の科学者
である事をかなり信じた。私には彼らが詐欺師であるという考え
は浮かばなかった」
元少佐の退役軍人Vladimir Bendlinは言った。

その時日本からのテレビ撮影隊が、クイシトゥイム・エイリアン
のドキュメンタリ映像を撮影していた。日本人らはその小人の
遺体を買い取ろうとしていた。しかしTV撮影隊のプロデューサー
のデグチ・マサオが、英語で喋った少数の単語の意味を、地元
ジャーナリストの一部が間違って受け取り、そして結局彼らの
計画は失敗に終わる。

「私はその時小人のミイラを所持していた人に対して、支払う事
が出来る金額についてデグチ・マサオと話をしたのを覚えている。
会話で話された金額は、200ドルから最高1000ドルまで及んだ。
我々は英語で話していた。地元の女性ジャーナリストが、数字を
間違ったに違いない。彼女は、日本人が盗まれた物体に20万ドル
を出す用意があるという文の記事を、彼女の新聞に出した。その
記事はすぐに他の新聞各紙に転載された。日本人にはそのような
金額は無かった。したがって彼らは記事発表に反論しなければ
ならなかった。その結果取引は失敗に終わった。そしてミイラの
所有者は闇に潜った」Chernobrovは言った。

[The body vanishes 消えた遺体]

幸いにもそれが盗まれる前、警察は小人の遺体を録画していた。
退役少佐のBendlinは、エイリアンがまだ生きていた時にそれと
会っていた何人かの人の所在をどうにか見つけ出した。

伝えられるところによれば、その小人はKaolinovy村の近くの、
Tamara Prosvirinaによって発見された。彼女は隣人に向かって、
「アリオシェンカ(Alioshenka)というハンサムな男の子」を
見つけた事を話した。隣人は、その老女がまたおかしな事に
なっているものと思っていた。ポイントは彼女が以前に精神障害
として扱われていた事。隣人は救急車を呼び、そしてそれは彼女
を病院へ連れて行った。医療補助員のうちの一人は、その女性の
アパートのベッドにある物体を、「ボロ布に包まれた猫」と後に
説明した。女性は精神病院に入れられた。
その間彼女の親類は、アパートをVladimir Nurtdinov という
人物に貸した。彼は、ある日アパートを清掃している時、猫ほど
の大きさの死体を偶然見つけた。

「私は一片のゴミと同じようにそれを捨てるところだった。
しかしそれは現実のエイリアンであるように見えた。私はわずか
にそれが好きになった。結局私はそれをガレージの屋根の上に
置いた」Nurtdinovは言った。

太陽は極限的にアリオシェンカ(Alioshenka)の遺体を乾燥させ、
日に焼いた。そしてNurtdinovは、ガレージの中に遺体を隠した。
その後Nurtdinovは、電線の窃盗の容疑で、警察に拘留された。
彼はガレージに隠した不思議な物体について、すぐ警察に話を
した。

以下はその老女の義理の娘のTamaraによる説明。この人は、
アリオシェンカ(Alioshenka)がまだ生きていた時に彼を目撃
した事を主張している:
「私はかつては週に2回、義理の母親を訪ねていた。彼女は1人で
生活していた。その日私は以前にもやっていたように、彼女に
食事を持って行った。彼女が私に話しかけたのは、私が帰ろうと
する所だった。
『私たちは赤ちゃんにもいくらか食事をあげた方が良いのでは』
そして彼女は私をベッドに連れて行った。
私は彼を近くで見て、そして会った。彼はベッドの上にいて、
いくつかの奇妙な音をキーキーと出した。私は、彼の口が小さな
パイプのように形作られているのを見てとれた。彼の小さな真紅
の舌は動いていた。さらに2本の歯をその内側に見つけた。ある
意味において彼は、小さな赤ん坊に似ていた。彼の頭部は茶色で、
そして体は灰色に見えた。目のまぶたは全く見つからない。
そして彼には性器も無かった。彼の頭部は玉ネギに似ていた。
彼の瞳の瞳孔は、ちょうどライトをつけたり消したりを連続して
数回繰り返した時の猫の目のように、広がったり狭くなったり
していた。彼の手足の指はかなりの長さだった。
そして私は、その怪物を地球のどこで手に入れたのかだけを、
義理の母に尋ねた。彼女は森で彼を見つけたと言った。
彼女は彼をアリオシェンカ(Alioshenka)と呼び続けた。彼女は
彼にキャンディーを与えた。そして彼はそれを吸う事を始めた。
私はそれが何らかの動物であるものと思った」

研究者はTamaraの説明が実話であると信じている。
別の新たな説明の詳細を加える事も無く、彼女は何年間も、同じ
一語一語を繰り返している。

「彼はある種の臭いを発していた。それは他のどのような物にも
例える事は出来ない。実際にはその臭いはかなり気持ち良かった
のだが、同時にいやな感じもした。そして彼はどのような種類の
液体もしくは固体の排出物も出さなかった。彼は汗はかいた。
そしてそれが全てだった。義理の母がボロ布で汗を彼の額から
拭うのを、私は見た」Tamaraは付け加えた。

その老婦人は、1999年8月にひき逃げ事故で死んだ。
研究者チームがモスクワから町に到着するわずか数日前に、彼女
は自動車にひき殺された。研究者らは事故が発生する直前、彼女
の親類に電話を掛けた。アカデミー会員のMark Milkhikerは、
Prosvirinaを催眠状態に入れる予定だった。それは患者の潜在
意識に埋められた情報を、復活させるの援助するために使われる
方法。Prosvirinaの親類は、老女の死が事故ではなかった
と確信している。
「日中、車がこの町を走っているのを見る事など、ほとんど無い」
一体全体その車はどこから来たというのか?
Tamaraは尋ねた。


Related Link:
■ Dr. John Mack Killed ジョン・E・マック博士殺害
http://conspiracy.exblog.jp/1102051/
[PR]
by gangster007 | 2007-04-16 00:10 | UFO
The strange behavior of Bob Lazar 自称科学者ボブ・ラザーの奇妙な行為
エリア51の科学者だったと自称する、ボブ・ラザーの奇妙な行為

■ The strange behavior of Bob Lazar
 (alleged former Area 51 "scientist")
by Norio Hayakawa, July 5, 2006
[Norio Hayakawa ハヤカワ ノリオ]
http://www.hometown.aol.com/area51watch/page2.html

私は、ボブ・ラザーの正当性を主張する為に、此処にいるのでは
無い。あるいは彼をこきおろす為に、此処にいる訳でも無い。
実際の所ボブ・ラザーはUFO研究者と社会全般的には、ペテン師と
して分類される。けれどもボブ・ラザーは、彼が言った通りの
人物であり、彼が主張した事全てをやっていた、と信じ続けて
いる何人かの人達はいまだ存在する。
完全にこの上なく強固に、ボブ・ラザーの主張を支持する人物が、
KLAS-TVの目撃証言ニュースの総合司会者、ジョージ・ナップ。
そしてもちろん、ボブの友人でラスベガスの不動産鑑定士の
ジーン・ハフも。

a0011290_21415633.jpg
ボブ・ラザーは、完全なペテン師か?
私にはまだわからない。私はいまだ答えの出ない幾つかの疑問
がある。

ボブ・ラザーの年代表に関しては、トム・マフードが1994年に
公表した、The Robert Lazar Timelineが世界的に良く知られる。
http://www.serve.com/mahood/lazar/timeline.htm
だがしかし、ジーン・ハフが1995年にその年代表に反証を挙げた
事は、多くの人は必ずしも知らない。しかしゲイリー・セラニの
おかげで、そのジーン・ハフの1995年の反駁が、最近再度
dreamlandresort.comに掲載された。
http://www.serve.com/mahood/lazar/synopsis.htm


上の方で私が言ったように、個人的には、ボブ・ラザーに関して
いまだ答えの無い幾つかの疑問がある:

1990年2月21日、日本の日本テレビの撮影班と私の合計7人は、
ボブ・ラザーのラスベガスの住居に訪問してインタビューする
機会があった。これはボブの友人で不動産鑑定士のジーン・ハフ
を通して可能になった。私の記憶の及ぶ限りでは、大体午前11時
頃、ボブの住居に到着した。彼らは我々を居間に連れて行った。
私にはその時のそこは、完全に調度品がそろって「生活感」の
ある部屋であるようには見えなかった。彼らはボブの研究室も
我々に見せた。私にはそこも必要なものがそろっているようには
見えなかった。本棚の少数の物理学の本と、彼のデスクにあった
コンピュータだけ。いずれにせよ私は単に通訳としてそこにいた
わけで、インタビューは雑誌のライター主導で行われた。
インタビューはおよそ2時間続いた。

我々が彼の家に着いた時には、5人か6人位の男がその家の中に
いた。最初私は、彼らが単にボブの友人だと思っていた。だが後
に、その男の中の数人の、普通で無い何かに、私は気がついた。
居間やボブの研究室など全体のインタビューを通して、2人の男
がボブの両脇に常にいた。彼らのうちの1人は、長方形の黒い通信
装置を持っているようだった。おそらくそれは携帯電話のような
ものの可能性がある。(1990年には、すでにそれは存在したが)
我々がキッチンの部分に移動すると、その2人もボブと並んで
移動した。我々がボブの研究室に移動した時も、その2人はボブ
と供に移動した。それで私はボブに尋ねた。「こいつらは誰だ?」
ボブはシンプルに言った。「気にするな。ただの友達だ。」
多分それだけで特に何も無かった。だが私はこれを表に出す事を、
まさに思いついた。何故ならインタビュー全部を通じ、最も私が
印象に残ったものの1つがそれだからだ。ボブについて私は
どのように思っているのか?いまだ結論に到達出来ないでいる。

ともかくその水曜の午後の後、テレビクルーと私はラスベガスか
ら約2時間車をドライブし、グルーム・マウンテンの上を上昇す
る物体のテスト飛行が見れるだろうとボブが言っていた地点に
到着した。そして日没直後にテレビカメラその他を準備した丁度
その後、ハイウェイ375のすぐ横の砂利道の上で、確かにそれを
見た!大体午後6時45分前後、グルーム・マウンテンの上に明る
いオレンジ色の光が現れ、幾つかの興味深い飛行をするのを、
我々は見た。私はその時、かなり強い印象を受けた。およそ7時
15分、別の光がやって来た。当時エリア51は良く知られた名前に
なる前であったのだが、いずれにせよ、これが私のエリア51に
対する本当の興味の始まりだった。

それから数年の時を経て、私のそれらの目撃に関する初期の興奮
は去った。私は、それらの光は我々人類の飛行機の試験飛行だっ
たという結論に達した。(それはより新たな黒い三角形形状の
飛行機のプロトタイプ機か、そして恐らく「無人飛行機」、さら
に「無人戦闘機」やその他の遠隔操縦のハードウェア環境での、
初歩的段階のテストフライトの可能性もある)

またそれから数年が経過すると、私には同じようにボブ・ラザー
に関する幾つかの疑問が生じ始めた。数年後、私はボブ・ラザー
の給与明細のコピーを見た。それは多額ではなかった。およそ
987.00ドルかそんな程度。それからボブ・ラザーの社会保障番号
が、彼の所有ではなく、ニューヨークの女性の所有していた番号
であった事を私は発見した。

さらに、1990年3月初頭、エリア51の日本の2時間の生番組に出演
する為に日本へ渡る約束をボブ・ラザーが守らなかった事で、私
には彼に対する疑問が生まれ始めた。私は彼のベガスからロスへ
の飛行機の搭乗を待っていた。私はそこで彼を待っていた。
だが彼は現れなかった。後にテレビ番組のプロデューサーから、
ボブ・ラザーの番組出演の為の日本への渡航が許可されなかった
という彼の緊急電話の話を聞いた。これは完全に期待はずれ
だった。

日本での生放送番組にボブ・ラザーが出演するのを保証した現金
(謝礼金)を、彼はすでに所持していたので、その後私は、
さらに悪い印象を得るに至る。しかしながら多くの米国国民が
いまだエリア51など知りもしなかった1990年の3月中旬、2時間の
プライムタイムのエリア51の特別番組は日本で放送された。
(番組中の生出演部分は省かれたが)そしてその国の何百万人
もの人達がそれを見た。

ボブ・ラザーについて私はどう考えるか?前にも言ったとおり、
私はまだ彼を決定的に捨て去る事は、完全には出来ない。
彼は科学とテクノロジーの、間違いなく天才。世界中の人々は
今、アルバカーキの隣、ニューメキシコ、サンディア山脈に
ボブ・ラザーが移動していることを知っている。私の理解では、
彼は防衛に関連する各種の下請け会社(直接的契約者ではない)
の為の請負仕事を、時々行っている。さらに現在の彼の活動には、
米国の原子力事業が含まれる。

ボブ・ラザーは偽情報作戦の一部だったか?
彼は偽情報戦の策略の意図的な参加者か?もしくは意図的で無く
とも、操作されていたのか?私にはわからない。同様に私が知っ
ているのは、ボブ・ラザーがニューメキシコで働いていた当時、
莫大な借金を負っていた事。それは彼がネバダに引っ越してくる
前のことだ。

また同様に私は、エリア51が地球外生命のテクノロジーと関係が
あったという説を信じる階層の人達や、積極的に押し広める階層
の人達の信念から、米空軍が何らかの利益を得ていた事を
知っている。それは、エリア51に「嘲笑のカーテン」をもたらすの
をはっきりと援助する。そしてそれは表側を飾る
「カバー・ストーリー」として必要だった。「カバー・ストーリー」は、
ある特定のプロジェクトを実行中の防衛関連企業の手により、
慎重な研究者のその種のプロジェクトへの詮索の注意をそらす為
に、または「嘲笑のカーテン」をもたらす為に、時に創出される
と私は考える。だが私が間違っている事も十分ある。

ボブ・ラザーの奇妙な行為 パート2に続く


■ My Recollections Of The Enigmatic Bob Lazar ...
Alleged Former Area 51 'Scientist'
[rense.com - By Norio Hayakawa 7-8-6]
http://www.rense.com/general72/recoll.htm

Related Link:
■ Superheavy Elements 115 & Bob Lazar
超重量元素115の発見とエリア51、S-4の科学者ボブ・ラザー
http://conspiracy.exblog.jp/1939069/
[PR]
by gangster007 | 2006-07-11 19:18
Rock Stars and Extraterrestrials
a0011290_2339715.jpg

ロックスターと宇宙人
■ Rock Stars and Extraterrestrials
[Earthfiles.com - September 9, 2005]
http://www.earthfiles.com/news/news.cfm?ID=977&category=Environment

Alien Rock: The Rock 'n' Roll Extraterrestrial Connection
amazon.com
↑この本の著者のインタビュー。
エルビス・プレスリーの一部分を訳して転載。

エルビス・プレスリーの「光の存在」との遭遇

エルビスは非常に様々な経験を持っていた。ヴァーノン・プレスリー
(彼の父親)によれば、彼が生まれた時それは始まったという。
恐らく別の世界からこの世界へと彼がやってきた、その瞬間に、
ミシシッピのトゥーペロの彼の家の上空に奇妙な青い光が
目撃されたという。エルビスは彼の人生の間中ずっとUFOを
目撃し続けていた。それは一般的な人がその機会を望むより、
はるかに多いもの。聞いたところによると、エルビスは多分6歳
か7歳の頃の子供時代に、2つの宇宙の光の存在とコミュニケート
したという。これはエルビスと非常に親しい友人で、彼が死ぬ
直前に話をした最後の人達の内の1人の、ワンダ・ジュン・ヒル
による。ワンダはエルビスと電話でインタビューをし、その会話
を記録した録音テープが存在する。

エルビスの最初の幼年期の光の存在との遭遇についての詳細は?

彼らは、エルビスに将来がどのようなものになるかについてを
示した、光の存在だった。彼が子供の時、自分が何を見ている
のか判らなかった。しかし彼らはエルビスに将来がどのような
ものかを示す細かな断片を、映画のように示して見せた。
彼は白のジャンプスーツを着てステージに立つ男を見た。彼は
それを理解出来なかったが、後にそれが自分自身である事を理解
した。そしてそれはまた「空手」に関する誰かを示してもいた。
(注gangster007:エルビスは後に、陸軍で空手の黒帯を得る)
彼が実際に見ていたものが彼自身である事を理解し始めるのに、
それは十分なものだった。彼らはエルビスに、彼がオリオン座の
青い星の惑星からやって来た事を伝え、彼はそれを信じた。
このストーリーが外部に漏れてしまった時、こちこちのエルビス
ファンやメディアがこれをいじりまわし、エルビスがエイリアン
である事を示そうと努力した。
さて、今彼がエイリアンであると言う人は誰もいない。がしかし
彼自身は地球以外の起源を持っていると信じていた。

【以下続く】


Related Link:
■ Philip K. Dick
ディックについて
http://conspiracy.exblog.jp/130288/
ディックの神秘体験との類似性

■ Surfing The Apocalypse CONSPIRACY
http://www.surfingtheapocalypse.com/conspire.html


a0011290_19232296.jpg

■ 小泉首相「夢がかなった」・プレスリー宅訪問で感激
[NIKKEI NET 2006年7月1日]
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20060701AS3S0100301072006.html
[PR]
by gangster007 | 2005-09-15 23:59 | UFO
Phoenix UFO 2 - video thought to be hoax
a0011290_1394635.jpg
KTVK-TV3

捏造説が浮上する、米アリゾナ州フェニックスのUFO
■ UFO Hoax?
[COAST TO COAST AM - 18 June 2005]
Recap - Saturday June 18th, 2005

■ UFO Video Thought Hoax
[The Virtually Strange Network - Sat, 18 Jun 2005]
http://www.virtuallystrange.net/ufo/updates/2005/jun/m18-010.shtml
■ RECENT PHOENIX UFO VIDEO THOUGHT TO BE HOAX *PIC*
[The Surfing The Apocalypse Network - 19 June 2005 ]
http://www.surfingtheapocalypse.net/cgi-bin/forum.cgi?read=81012
a0011290_1402743.jpg

Since it's internet debut on June 5, Brian Bessent's UFO video has captured the attention of people around the world. But was his amazing video a clever hoax created in a studio? KTVK-TV3 in Phoenix recently set out to discover the truth about the Bessent UFO video.



このUFOビデオに関する疑問説が登場。(2005/6/19)
個人的にはこの映像は初めから”出来過ぎ”と思っていた。
■ Phoenix UFO
http://conspiracy.exblog.jp/2012286/
この撮影者本人(こいつはもともと映像作家)にしてみれば、
本物だろうが嘘だろうが、まずはともあれとにかく自サイトで宣伝。
( サイト名が、UFO theatre だと!)
そのサイトに世界中から物凄い量のアクセスを集めて、
今ごろ大喜びしているのではないのかね。
どう転んでもUFOネタで飯を喰っている奴にロクなのは居ない。
[PR]
by gangster007 | 2005-06-19 17:27 | UFO
武田了円
■ 世界の支配者は本当にユダヤか(1995)
 【武田了円 著  第一企画出版 絶版 入手困難】
a0011290_2082081.jpg
UFO問題は誰かが巧みに演出している

UFO問題全体に漂う不自然な雰囲気は、主としてこの問題が
矛盾に満ち満ちているという点から発生している。

山のように膨大な目撃報告がある反面、確たる証拠が一つも
ないという矛盾。質のいい目撃報告・写真等も多いにも拘らず
政府.軍.学会.マスコミ等権力サイドは平然として終始一貫
否定し、無視し、冷笑までし続ける矛盾。しかもそのように、
明白に存在するものをきっぱり否定するという犯罪を犯しなが
ら彼等は少しも制裁を受けないという矛盾。宇宙人は
コンタクティーを通じてメッセージを託すのに、何故か自分達が
公衆の面前に着陸して姿を現し、直接メッセージを出すことは
しないという矛盾。どの本を読んでも決定的なことは何一つ書か
れていないのに何故かいつまで経ってもUFO関連本はよく
売れるという矛盾。高度な発展段階に達しているはずの宇宙人
が中学生レベルの陳腐な紋切型のお説教しか出来ない矛盾。
宇宙人は常に核戦争・公害・環境破壊・人口爆発について警告
を発し続けるのに ―そのこと自体は大いに結構なのだが―、
その具体的解決法となると全然教えてくれないという矛盾。
UFO問題にはこうした矛盾がぎっしり詰まっている。こうした矛盾
が、只でさえ不透明なUFO問題をいよいよ訳の分らぬ難問に
している。

 何故、こうした矛盾があるのか。その理由を考えて行くと全体が
巧妙に仕組まれた謀略であり、すべての事象は周到に管理され
ているのではないかという疑惑が浮び上がってくる。

「第二章 UFO情報は巧妙に演出されている」
P48~49

サブリミナルテクニックで人類を誘導

マインド・コントロールのコツは"量"である。対象を白痴化しただけ
では足りない。間違った意見を刷込まなければ完成ではない。
それには一にも二にも量である。愚者は量に動かされる。悪魔は
それを心得ているから、嘘は量でゴリ押しする。だから、彼等の
キャンペーンはあんなに派手なのだ。教室で、テレビで、ラジオで、
新聞で、週刊誌で、月刊誌で、単行本で、市民運動で、同じ嘘を
1万回でも10万回でも繰返す。こうして洗脳するのである。また、
そうするしかないのだ。真実には重みがあり、力があるが、嘘には
何もない。だから、その欠点は量でカバーする外はないわけだ。

「第六章 これが恐るべき宇宙人の意識操作」
P149


内容が良いので一部転載。この記述はなかなかのもの。
武田了円という人には、”宇宙人”という視点で、かなり独特?の考え方
が、これとは別にある。(この特殊な考えが、後に攻撃される的と化す)
まあ読み手側が、重要な情報だけをその中から
取捨選択すれば良いだけの話。その価値はある。

この記述は、嘲笑され、祭り上げられ、ある意味の晒しモノ、
という内容とはかけ離れている。

Related Link:
■ Ica Stones 恐竜と人間が共存する?画が刻まれた石
http://conspiracy.exblog.jp/1996089/
■ FREEMASON & Edgar Cayce フリーメイソンとエドガー・ケーシー
http://conspiracy.exblog.jp/1513659/
a0011290_21202011.jpg
■ ネット世論の大嘘~「猫虐待事件」2chの裏
http://www.asyura.com/2002/bd19/msg/272.html
[PR]
by gangster007 | 2005-06-10 20:56 | Books
British defence ministry won't rule out alien life
英国国防省のエイリアンの存在を除外しない、という報告書
■ British defence ministry won't rule out alien life: report
Thu Feb 3, 2:33 PM ET
Yahoo! News
[Yahoo! News-U.K.-AFP]

ロンドン(AFP)-
報告書によると英国国防省関係者は、証拠を欠くのにも拘らず、
大胆にも、地球を訪れているエイリアンの存在を除外する事を
否定しているという。
フィナンシャルタイムズは、英国内でエイリアンを目撃した
ことを主張する人々の報告を記録した英国国防省の公式
認証された、過去の機密文書の内容を報道した。
最近立法された情報自由化法によって入手されたこの文書
によると、その報告書は、「目撃されたものが国防上の重要性
を持つ可能性があるか否かを個別に認証する」目的の為、
集められたものだ。
「最近のごく一握りの報告だけが、さらなる調査が妥当とされ、
脅威を示す証拠を明らかにしたものは存在しなかった」
という認証の一方、国防省はエイリアン存在の仮説に関し、
”完全に偏見の無い”状態であった事が言及されている。
2週間前、ある匿名人物が電話でイングランド南東部のケント
上空の不思議な光の目撃についてリポートしている。さらに
別の人物はイングランド中部のストーク上空に空飛ぶ円盤が
飛行しているのを目撃したと言っている。
国防省は、そのような電話は何千と記録される報告の
ごく少数の断片に過ぎないと言っている。


まわりくどい表現。要は「肯定している」と言う事。

英国国防省の情報公開されたUFO報告書について伝える
【Independent】の別の報道
■ The truth is out there:
declassified reports of UFO sightings reveal
88 sightings last year
[Independent-03 February 2005]
http://news.independent.co.uk/uk/this_britain/story.jsp?story=607253

Independent 記事全文
[PR]
by gangster007 | 2005-02-05 21:03 | UFO
Russia and Iran join efforts to struggle against invasion of UFOs
a0011290_23555992.jpg
UFOの侵入に対抗するためのロシアとイランの協同事業
■ Russia and Iran join efforts to struggle
against invasion of UFOs
[PRAVDA.Ru - 01/12/2005 18:44]
http://english.pravda.ru/science/19/94/378/14810_ufo.html
If a UFO appears in the sky above Iran, anti-aircraft systems will most likely down it.

未確認飛行物体は、地球の東半球に脅威を及ぼし続けている。
この問題と何かが関係している事は明白だが、誰もそれらについて
何をなすべきかを知る者はいない。ロシアとイランは不可解な現象
の研究の協同作業に合意した。このニュースは一見すると馬鹿げ
たものに見えるかもしれない。しかし実際にはかなりシリアスな
事項なのだ。イランの核開発能力の増加に関連し、UFOは
イランに対して大きな脅威を及ぼしている。

UFOマニアはイランに重大な関心を寄せている。テヘランの空軍
部隊は、イラン領空内で目撃されるあらゆる種類の未確認もしく
は怪しい飛行物体に関する、撃墜命令を最近受けている。仮に
UFOがイラン上空に現れた場合、対空システムが、ほぼそれを
撃墜すると見られている。
一方、イランのマスメディアは、イラン国内の核開発施設に対する
地球外存在の脅威について、さらにより多くの情報を報道し続けて
いる。イラン領空内の未確認物体の飛行は、最近になって非常に
頻繁になったと、Resalat Dailyが書いている。この新聞によると、
核開発施設が存在するBusherとNatanzaの両地域上空におい
て、異常な発光物体が目撃された。目撃者は、物体のうちの一つ
が空中で爆発したと述べている。イラン国防省は不安に陥る住民
をなだめる事に努力している。Qarim Gavani将軍は以下の
コメントを発している。

「我々にはあらゆる危険から核施設を防御する為の、高度に発展
したプランがある。イラン空軍は警戒態勢にあり、さらに任務を
遂行する用意が出来ている。」

UFOへの関心は、約1年ほど前から急速にイラン国内で増加し
始めた。人々が上空に不可解な物体の飛行を目撃し始めた時、
通信社は多数の事件を報道している。イラン国営テレビは、
テヘラン上空の白く光るディスクの映ったフィルムを放映した。
イランの8つの都市の人々が、雲間の「地球圏外」の明るい光を
見る為に、家から走って飛び出したと言う。
IRNA(国営イラン通信)は、タブリーズとアルデビルの町および
カスピ海沿岸地域のゴレスタン州上空で目撃された、緑、赤、青
および紫の多数の色の光線を発するオブジェクトについて報道
している。

ロシアは、イランのUFOに対する取り組みの支援を確約した。
ソヴィエト連邦のほとんど全ての人々が不可解な飛行物体に
ついてパニック状態であった1990年代の初頭、ロシアはこの
異常事態を終わりに導いた。ロシアとイラン両国の政府関係者
は、宇宙探査および衛星事業という分野における二国間協調の、
さらなる拡大という事実を共に強調している。UFOに関連する
契約に加えて、ロシアとイランは、衛星「Zohreh」の打ち上げ
協定の詳細の詰めに取り組んでいる。


Related Link
■ U.S. planning for possible attack on Iran
[CNN.com - Jan 17, 2005]
http://edition.cnn.com/2005/ALLPOLITICS/01/16/hersh.iran/

PRAVDA.Ru 記事原文
[PR]
by gangster007 | 2005-01-21 00:12 | UFO
Russian astronaut saw UFO in spaceship porthole
ロシアの宇宙飛行士が宇宙船舷窓でUFOを目撃した事を公表。
a0011290_21215258.jpg

■Russian astronaut saw UFO in spaceship porthole
 08/16/2004 11:51 PRAVDA.Ru (プラウダ)

ロシアの宇宙飛行士が宇宙船舷窓でUFOを目撃
08/16/2004 11:51 PRAVDA.Ru

その宇宙飛行士は、他の飛行士が宇宙で何も異常物体を
目撃していないと言う場合、それは信じられないと言っている。

ソビエトの宇宙飛行士で旧連邦国のヒーローであった
Vladimir Kovalenok(ヴラジミール・コバレノク)は、
宇宙で217日間滞在した。その宇宙飛行士は、地球外生命体
の文明の存在を否定していない。
「サリュート軌道ステーションで働いていたある日、
私は奇妙な物体を舷窓に発見した。その物体のサイズは指程度
あった。それが軌道上の飛行物体である事に気がつき、
私は驚いた。」
コバレノクは、金曜日にモスクワの記者会見で発言した。

彼は、彼がパートナーと呼んでいたViktor Savinykh
(ビクター・サビンカ)も、宇宙で未確認の物体を見た事を
付け加えている。



プラウダ の訳続き More
[PR]
by gangster007 | 2004-08-18 21:38 | UFO
UFOs In Mexico
a0011290_232255.jpg
■Mexican Department Of Defense Acknowledge
UFOs In Mexico [ Rense.com ]
http://www.rense.com/general52/deff.htm

■ Ruling Elite is Behind Mexican UFO Acknowledgement
[ by Amitakh Stanford   Xee-A Twelve]
http://www.xeeatwelve.com/articles/ruling_elite.htm

■ RULING ELITE IS BEHIND MEXICAN UFO ACKNOWLEDGEMENT
[Educate-Yourself ]
http://educate-yourself.org/cn/mexicanufoacknowledgement14may04.shtml

■RULING ELITE IS BEHIND MEXICAN UFO ACKNOWLEDGEMENT
http://www.surfingtheapocalypse.net/cgi-bin/forum.cgi?read=2828
Date: Sunday, 16 May 2004, 5:27 a.m.

The ruling elite has ordered the release of the Mexican
UFO incident to the public. There was always a
contingency plan to do so at some time. The recent
Mexican incident is just one that fits the designs,
needs and timing for the plan.
This incident is being made public because of the
emergent circumstances today. If one plan fails,
there are many more in the background to bring forward.

There are handlers for the ruling elite who deal with
UFO events. Many UFO researchers have been bribed
or silenced in other ways.
However, now, the silence about the reality of UFOs
has been broken by order of the ruling elite. However,
most people involved in the acknowledgement of the
UFO incident are unaware of the ruling elite’s agenda.


RULING ELITE IS BEHIND MEXICAN UFO ACKNOWLEDGEMENT
↑これGOOD。かなりのモノ。十二分に判っている奴だ。

( 2004/11/05 追記 SURFING THE APOCALYPSE
からは現在通常閲覧不可能。 Educate-Yourself 他に存在。
オリジナルはAmitakh Stanfordの論文。
一部の日本語訳を、コメントに転載して保存。


日本では T学会 関係者の努力?で、この手のSTORYは マスコミ ネット
その他 ではあまり語られないのだが。まあ 最近じゃそうでもないか。

Reference : Alaska's 1986 JAL Flight UFO Sighting
参考       日航機アラスカ上空UFO遭遇事件

Reference : UFO Evidence : JAL Flight 1628 Over Alaska

by gangster007

[PR]
by gangster007 | 2004-05-13 23:23 | UFO