陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
more...
<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Remote Control Works on Humans
人間を遠隔操縦する、NTTの技術開発について
a0011290_21141287.jpg

■ Japan developing remote control for humans
[AP - CNN.com - Technology - Oct 25, 2005]
http://www.cnn.com/2005/TECH/10/25/human.remote.control.ap/index.html
a0011290_21144614.jpg

耳の近くの感覚器官に電子的信号を送信して”人間そのものを遠隔操作する”
NTTの技術開発の、体験レポートおよびその周辺情報。
8月のForbes.com の記事と基本的には同じ。
■ Remote-Controlled Humans
[Forbes.com - Technology - 08.04.05]
Forbes.com
(↑人が遠隔操縦されてヨロヨロと歩く動画が見れる:RealVideo
NTTはゲームやアミューズメント施設への使用を考えているらしいが、
APの記事では、対人兵器などの軍事応用に言及している。
マインド・コントロール兵器の可能性について、識者のコメントあり。
その重要部分を日本語訳して転載。

ミズーリ州セントルイスのワシントン医科大学助教授の
Timothy Hullar は、遠隔的な場所から耳に対して
電磁場を転送する正確な方法を見つける事が、
”相手を殺す事が最善の策では無い”
状況下において使用される兵器開発のテクノロジーに、
転用されるかもしれないと信じている。
「これは推測だが敵対者を一時的混乱に陥らせるような、
nonlethal weapon(ノンリーサルウェポン 非殺傷性兵器)に
向けた、最大の必然的局面に繋がる可能性が有る。」
彼はメールで述べた。
「正確な周波数とエネルギーおよび適用の継続時間が仮に発見さ
れた場合、永続的な傷害を与えず、誰かを一時的にバランスを
失った状態にさせる事が可能な何かを、見つけ出せるかも
しれない。」
確かにテキサスの小さな軍事契約業者のInvocon Inc.は、
一時的に暴徒を鎮圧するために、正確に調整された電磁パルスの
人の耳に向けた安全な発射が、可能か否かを研究している。

だがNTTはより親しみのある用途を考えている。


■ A remote control that controls humans
[MSNBC.com - Innovation - Oct. 25, 2005]
http://msnbc.msn.com/id/9816703/

Related Link:
■ Secret Societies and Psychological Warfare
http://conspiracy.exblog.jp/123820/
「フリーメーソンの操心術」 マイケル・A・ホフマン・II

マインド・コントロールと心理戦について研究するのであれば、
近年の強権政治がどんなテクニックを利用してきたかについて
述べる程度では、とうてい、十分とは言えない。
そんなものは、どんなに新しいものだとしても、コンピュータを
少しばかり駆使しただけのえせのハイテクにすぎない。
せいぜい、政府やカルト集団向けの在庫品といったところだ。



■ 映画 THE MANCHURIAN CANDIDATE の南山宏 氏の解説
http://www.coa-movie.jp/coamanual/index3.html

■ THE MANCHURIAN CANDIDATE
マンチュリアン・キャンディデイト(邦題:クライシス・オブ・アメリカ)
http://www.coa-movie.jp/
この映画自体は、さして面白くない。軽い。
おまけに悪役がメリル・ストリープでは役不足。
もっと強力で絶対的なドロドロの悪役が必要。イアン・ホルム とか。
評価 ☆

[PR]
by gangster007 | 2005-10-27 22:00 | SCIENCE
Russian Stealth Aircraft Technology
ロシアがプラズマ・スクリーン・テクノロジーを使用したステルス機を開発

■ Russia Develops Stealth Aircraft Using Plasma Screen Technology
[MOSNEWS.COM - 19.10.2005 ]
http://www.mosnews.com/news/2005/10/19/stealth.shtml

ロシアの航空機産業は、既存の米国型と根本的に異なるステルス
飛行機を開発し、まもなくその生産を開始する。
そのロシア・バージョンのステルス機は、レーダー波を緩和し
分散させる為にプラズマ・スクリーンを使うとロシア新聞 
the Novye Izvestia daily が伝えている。
そのロシア紙は、Keddyshリサーチ・センターの所長の
Anatoly Koroteyevの以下の発言を採り上げている。

「自動車から戦闘機に至るまでの如何なる乗り物であっても、
プラズマ・スクリーン・テクノロジーは適用可能。ただしそれは
高高度において最も効果的であり、従って空軍で使用されるのが
ベスト。」

その新たなテクノロジーは、F-117やB-2などの米国の既存のステ
ルス機が一般的に使用しているモノとは異なる物理的法則を利用
する、とKoroteyevは述べる。レーダー波の反射に代わり、この
ロシアのテクノロジーは、運搬可能な携帯プラズマ発生装置を
用いて生成されるプラズマ・スクリーンを用いて、それを拡散
させる。発生装置は小さくて軽い。その装置は強力な電子ビーム
を放出する。そのビームは飛行機の周囲の空気をイオン化し、
機体の周りにプラズマ雲を効果的に生成する。

当初プラズマ発生装置は、機体内蔵の電子システムの働きを混乱
させ、地上管制との無線通信を妨害していた。だが問題は解決し、
ロシア政府の委託によるテストにそのシステムは既に合格したと、
そのロシアの研究所所長は述べる。この新たなテクノロジーは、
古い機体を含めたあらゆる航空機に使用可能であり、米国のステ
ルス機に用いられる技術(殆ど同様の効果か、もしくはそれ以下)
より根本的に安価である事を、Koroteyevは付け加えた。
このロシアのシステムを装備した機体は、飛行および戦闘能力の
点で米国機を圧倒的に上回る可能性がある。何故ならプラズマ・
スクリーンの使用は、機体の形状変更の必要性が無い、と彼は
述べる。

新聞では同様の研究が米国でも行われていると書いている。
だがこのロシア・バージョンこそ、これまでの所、世界で唯一の
プラズマ・スクリーン技術であるという。



Related link:
■ $1bn to build unmanned fighter  無人戦闘機製造に10億ドル
ノースロップ・グラマン無人戦闘機受注で10億ドルGET
http://conspiracy.exblog.jp/931155/
[PR]
by gangster007 | 2005-10-24 20:44 | SCIENCE
David Jacobs, Ph.D. UFOアブダクション研究のジェイコブズ博士
a0011290_21575450.jpg

デービッドM.ジェイコブズ博士は、20世紀のアメリカ史および文化を専門
とするテンプル大学の歴史学準教授。
ジェイコブズ博士は、1960年代中頃のアメリカの未確認飛行物体に関する
論争事件を研究し始め、この問題に関する35年間以上の主な調査データ
および分析的仮説を蓄積してきた。
1973年以来、ジェイコブズは彼の専門知識と個人的エネルギーの殆ど
全てを、一般的UFO現象と特殊なアブダクション事例を研究する事に対し、
向け続けてきた。125人以上の誘拐体験者を含む総数750人以上の
hypnotic regressions(退行催眠)を指導するなど、ジェイコブズ博士は
世界的に主要なUFOアブダクション研究者の1人。広範囲で主要な調査の
結果、彼はアブダクション体験の最初の科学的類型学を開発した。


UFO Evidence のジェイコブズ博士に関する記述より。その日本語訳。
http://www.ufoevidence.org/topics/DavidJacobs.htm

最近出版されたUFOアブダクション事例を心理学的に否定する本
Abducted :
How People Come to Believe They Were Kidnapped by Aliens

について、ジェイコブズ博士が反論コメントを出しているので転載。

ジェイコブズ準教授は、クランシー氏の新刊

同準教授によれば「恩着せがましさに満ちている」

でとりわけ問題なのは、複数の人が一緒に体験するアブダクション
の現象を取り上げなかった点だと指摘する。こうした事例では2人
以上が同時に誘拐され、それぞれの証言が別の人の証言の
裏づけになっているという。また、アブダクションの研究者がこうした
体験をもっとうまく説明しようと最善の努力を続けていることにも
触れられていないと、ジェイコブズ準教授は語る。

 こうした事柄を無視するのはなぜか? それは研究者たちが、
「表面的には、きわめて非常識な話」だと認識しているからだ、
とジェイコブズ準教授は言う。

 「こうした現象がどういったものかを説明する約30の説を……
われわれは吟味してきた」が、多くの事例ではたった1つの説明しか
成り立たない――それはアブダクションは現実に起きている
というものだ、とジェイコブズ準教授は語る。

 アブダクティーが体験談を作り出すのは、世界に秩序を与えたい
という内なる要求を満たすからだ、とするクランシー氏の説はどうだ
ろう? ジェイコブズ準教授は、馬鹿げていると答え、アブダクティー
が体験を話すと笑いものにされる点を指摘した。

 「誰もがこのマイナス面を理解している。得をすることはゼロで、
マイナス面は100%だ」とジェイコブズ準教授。


■ 「宇宙人に誘拐された体験」を心理学的に分析(下)
[Hotwired Japan - 10/19]
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20051019207.html

もともとはこの記事の一部。
Hotwired Japanでは(上)(下)に分割されてUP。
(上)の方では、”誰も実際には地球外生物に誘拐されていない”
というこの本の説明を全編に渡り載せている。つまりこの本の宣伝を
Hotwiredがやっている。
こういう記事の造り方だと大部分の人は、(上)しか見ないと思われる。
したがって(下)の方に出てくるデービッドM.ジェイコブズ博士の反論の
コメントとUFO Evidenceの記述を抽出して、個人的に勝手にプッシュ。

別にどうでもいいのだが、アブダクションを心理学的に否定するこの本の
著者は、ハーバード大学の博士研究員。つまり昨年不可解な形で死亡した、
ジョン・E・マック博士:ハーバード大学精神医学教授と関係があると言う事。
(このHotwiredの記事、何故かジョン・マックの話は一切出て来ない)
ジョン・マックの方は、UFOアブダクションはおろか、超次元的存在の可能性を
肯定的に言及するなど、この本の否定的見解とはまるで異なる意見の持ち主
だった。上で転載したデービッド・ジェイコブズと同じ。
不可解な死に方で突然死んだ方と、Hotwiredで新刊本をわざわざ宣伝して
もらっている方では、実際上どちらに重みがあるのかは明白。

Related Link:
■ Dr. John Mack Killed ジョン・E・マック博士殺害
http://conspiracy.exblog.jp/1102051/

■ International Center for Abduction Research
ジェイコブズ博士のサイト
http://www.ufoabduction.com/
[PR]
by gangster007 | 2005-10-19 20:39 | UFO
Vatican exorcists School
a0011290_21151046.jpg
バチカンのエクソシスト養成講義

■ First day of school for aspiring Vatican exorcists
[Reuters - Yahoo! News - Thu Oct 13 , 2005]
http://news.yahoo.com/s/nm/20051013/ts_nm/pope_exorcism_dc_1

その学校の初日、何人かの学生らは当然だが神経質になっていた。
だがしかし、彼らはあらゆる課程を履修するだけでなく、さらに
もう1つを進めるのだ。それは悪魔学者およびエクソシスト
を熱望する学生の為に、ヴァチカン大学によって行われる。

「今日において、悪魔が人々の生活により干渉している事を、
疑う余地は無い。」

Paolo Scarafoni神父は学生らに述べた。その学生とは、後に
悪魔と遭遇した時、どうやってそれと取り組むかを学びたいと
考える聖職者らがほとんど。

「あなた達の全員がエクソシストになるとは限らない。しかし
悪魔の憑依と心理学的問題とを区別する方法を知る事は、全ての
聖職者にとって必要不可欠なのだ。」

”エクソシズムと解放への祈り”と呼ばれる4ヶ月のコースは、
ローマ近郊の教皇庁立レジーナ・アポストロールム大学で提供
され2年目になる。世界中からの約120人の学生は、悪魔主義と
悪魔憑依現象の、精神的、霊的、神学的、礼拝的、医学的、
法律的、犯罪学的、各様相のような題目のレクチャーを、聴く
事になる。その予定される講義の1つは、”エクソシズムに関連
する問題およびそれと相互関係する重要点”というもの。

ある聖職者(この人は身分を公表しないよう求めている)は、
自分の教区のある若い信者の懺悔を聞いている時の”非常に動揺
する経験”の後に、このコースを取る事を決めたと語った。
「彼女の声が変わり、顔が変形し、彼女自身が知らない言語を、
しゃべり始めた。」彼は語る。
「私はこの問題に苦しむ人々に面会してきた。我々が想像する
程、この問題は稀では無い
。」
するとこの聖職者は、懺悔室の中の彼の教区の信者に憑依した
可能性のある悪魔と、今後戦う準備が出来るのだろうか。
彼は以下のように言う。
「仮にこのコースを終えた後、上司が私がエクソシストになる事
が利に適うと判断した場合、私はそれに従う。」

現実のエクソシスト

今年の映画"The Exorcism of Emily Rose"や、1973年の映画
「エクソシスト」の続編にあたる昨年の、"Exorcist:
The Beginning"などによって、悪魔とオカルトに対する関心が、
増加している。しかし映画は忘れるべき。ここの学生には、
彼らを教える為の、現実で良く知られた数人のエクソシストが
居る。その内の1人は、ガブリエラ・ナンニ神父。神父は木曜日の
開始講義に出席した。休憩中、彼はロイターと会談した。
彼は言う。
「まず第一に聖職者は、悪魔が人に働きかけているのか、または
その問題が他の何かにあるのかを、知らなければならない。」
ナンニ神父は、心理学的問題ではなく、悪魔の憑依現象を表す
4つの確かなサインがある事を指摘した。彼は次の項目を挙げる。
”その人が通常使用しない言語を、話す又は理解した場合。”
”その人の肉体的な力が、体の大きさや年齢に不釣合いに大きく
なった場合” 
”その人のオカルト事項に関する知識が、突然増大した場合” 
”聖餐式や祈祷など神聖な物を、その人が物理的に嫌がった場合”

いくつかの推定によると、17歳から25歳までの若者が会員構成の
4分の3以上の悪魔的カルトの会員が、約5000人イタリアに存在
すると言われている。

1999年ヴァチカンは、エクソシズムのための儀式を新しくした。
それは祈祷から始まり、聖水への祝福と散布、憑依された者への
按手、そして十字の印を切る事など。決まり文句では次のよう
に始まる。「私は悪魔に命ずる…」そして悪魔を非難するのに、
「この世界の王子」で、なおかつ「人類の救済の敵」と述べる。
そしてそれはこう終わる。「悪魔よ帰れ」


カトリックで言う憑依現象と、エドガー・ケイシーの「リーディング」は、
表裏一体。と言うより同じ。
悪魔払いについてを嘲笑したり、攻撃するのが、
「アレ」の典型的パターン。ハリウッド映画より、そのへんのネットに
普通にころがってる「訳知り顔の奴」の方が怪しい。

Related Link:
■ Unborn babies found `for satanic rituals`
悪魔儀式に使用される?堕胎胎児の発見
http://conspiracy.exblog.jp/2289488/

■ ベテラン神父は悪魔学の権威
http://conspiracy.exblog.jp/1187981/
■ ローマのエクソシスト神父 「救ったのは」5万人
http://www5e.biglobe.ne.jp/~conspire/asyura_exorcist.html

バチカンのエクソシスト養成講義 記事原文
[PR]
by gangster007 | 2005-10-16 21:30 | Unexplained
Brazil psychic seeks $25 mln US reward for Saddam
サダム・フセイン発見に繋がる情報を米国に提供したと主張する
ブラジルの超能力者が、2500万ドルの報酬の支払いを求めて
裁判を起こす

■ Brazil psychic seeks $25 mln US reward for Saddam
[MSNBC.com - Oct. 6, 2005]
http://www.msnbc.msn.com/id/9616304/

RIO DE JANEIRO, Brazil

敗れ去ったイラクの指導者、サダム・フセインが身を隠した場所
についての情報を提供した事で、米国政府は2500万ドルの報酬を
支払う義務があるという超能力者の主張を、ブラジルの裁判所は
考慮している。

ブラジルの二段階目の高等裁判所(the Superior Court of
Justice)は、ブラジルの裁判制度はこの問題の正式な審理が可能
であり、超能力者が本拠とするミナス・ジェライス州の裁判所は
その案件の審理が可能である事を、木曜に正式に決定した。
以前の下級裁判所では、超能力者Jucelino Nobrega da Luzに
対し、その申し立ては受け入れ不可能であり、米国内で審理され
るべきものだが、上級審でも判断される、と伝えられていた。
「ミナス・ジェライス州の裁判所はその申し立てを受け入れる。」
ブラジル高等裁判所のスポークスマンが述べた。

「彼が送った、フセインがイラクで隠れていた穴についての正確
な場所を提供する手紙があったからこそ、米国軍はフセインを
発見できたのだ、とJucelino Nobrega da Luzは主張している。
それゆえ彼はその報酬を要求する為、訴訟を提起した。」

米国にリードされた多国籍軍の占領後、米国政府はサダム・
フセインの捕獲に関する懸賞金を2003年7月に提示した。彼は同年
12月に捕らえられた。Da Luzは、フセインの未来の隠れ家が、
ティクリート近郊の農家の小さな地下室である事を記述した手紙
を、2001年の9月に米国政府に送っていると、裁判所は述べた。
彼は返信は受け取っていない。

「彼の弁護士は以下のように証言する。その手紙の著者とは、
これから起こるもののビジョンを得るという、類い稀な才能を
持った人間。…彼は未来に発生するであろう事柄や状況を
夢を通じて見ている
。」裁判所は声明でそう述べた。

法廷がこの主張を支持した場合、それは米国国務省に外交ルート
で送られる事になる。


Related Link:
■ FREEMASON & Edgar Cayce
フリーメイソンとエドガー・ケーシー
http://conspiracy.exblog.jp/1513659/

■ India successful in using remote viewing techniques
遠隔透視技術
http://conspiracy.exblog.jp/1440212/

ブラジルの超能力者裁判 記事原文
[PR]
by gangster007 | 2005-10-11 23:38
Unborn babies found `for satanic rituals`
a0011290_20583362.jpg
悪魔儀式に使用される?堕胎胎児の発見

■ Reports: Unborn babies found `for satanic rituals`
 3 children wrapped in plastic,
hidden inside statues of Christian saints
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=46582
[WorldNetDaily - September 29, 2005]

キリスト教の聖人像の内部に隠されていた、
プラスティックで梱包された3体の胎児

伝えられるところによると、キリスト教の聖人像内部に隠蔽された、
3体の堕胎胎児が昨日発見された。その胎児はその筋の権威が
信ずるところによれば、米国内における悪魔的儀式で使用
する事を意図していたものだという。

BBC および他のニュース通信社は、そのぞっとするような不気味
な発見は、コロンビアのボゴタ国際空港での警察による通常の
密貿易調査の結果生じたものと伝えた。国家麻薬取締り局長官
のJord Alirio Varon将軍は、以下のように語る。
「陶器製のキリスト教聖人像内部に隠されていたダンボール箱の
その内部に、十字架像の横に並んでプラスティックで包まれた、
妊娠4ヶ月から5ヶ月の特徴を持った胎児を発見した。その陶器製
聖人像は打ち壊されて開かれた。」
彼は、それらが悪魔的儀式に使用する事を意図したものであると
信ずる理由についての詳細は、明らかにしなかった。未だ逮捕者
は出ていないが、当局は誰がその梱包を送ったのかを追跡して
いる。それはコロンビア北部の都市Barranquillaからマイアミに
送られる予定だった。

WorldNetDailyは6月に、カンサスシティの堕胎医が廃業に追い込
まれた事件を報道している。これは調査者がこのクリニックの
恐怖の不気味な家を発見した事による。この堕胎医の冷凍庫の
発砲スチロール容器の中には胎児が保管されており、電子レンジ
にそれを掛けて、ランチに入れてかき混ぜていた堕胎医を、
ある従業員が告発していた。


a0011290_23322811.jpg

Related Link:
■ 最暗黒都市伝説:六本木ヒルズ怪奇事件の真相
http://conspiracy.exblog.jp/2237960/

■ Bohemian Club
正真正銘、本物の超高級会員制クラブ Bohemian Club
http://conspiracy.exblog.jp/750333/

WorldNetDaily 記事原文
[PR]
by gangster007 | 2005-10-05 00:10 | Unexplained
Rosslyn, ley lines and the baron knights
a0011290_065843.jpg
ロスリン礼拝堂、レイ・ライン、男爵の騎士

■ Rosslyn, ley lines and the baron knights
[Scotsman.com - Heritage & Culture - Thu 22 Sep 2005]
http://heritage.scotsman.com/myths.cfm?id=1973212005

ロスリンでヒーリングをやっているのが前マスター・メイソンだと。
ごく最近UPされた資料なので記録。

DIANE MACLEAN

ロスリン礼拝堂は混雑している。世界中からやってきた観光客が、
その華麗な内部空間をさまよっている。もうすぐ撮影が始まる、
「ダ・ヴィンチ・コード」の出演者とクルーに備える為、大工と
映画セット業者は、偽の石壁を使用し、不体裁な足場を覆い隠す
仕事をしている。

私がこの場所の聖杯またはキリストの血脈を調査する唯一の人間、
と言う訳ではない。私は、全てのミステリーの源でありうる
ロスリンの真下に位置する「フォース」を示してくれるという、
前マスター・フリーメイソンに面会した。
「まず最初に貴方は手でコレを取らなければならない。」
ジム・マンロは指示し、巨大なジャガーの牙を私の手のひらに
置いた。「正しい時間になったら、礼拝堂の北東の角に貴方を
連れて行き、ある場所に立つ。そして私がする事の全てを行い、
手を開いてリラックスする。」

マンロは、莫大に強力な「レイ・ライン」がロスリンを通って
走っており、その存在は一千年を通じてこの区域の数多くの様々
な聖なる遺跡の建設を導いてきたと信じている。
彼は、ピクト族、ドルイド、ローマ人ら全てがこの場所を敬った
ものと考えている。さらに1446年ロスリン礼拝堂を建設した、
ウィリアム・シンクレア卿は、その強力な特性を利用するため、
この場所に礼拝堂を建設する事を決めたと考えている。
(シンクレア一族は、約1599年頃にエジンバラでフリーメイソン
を設立、その指令が世界に向け始められた。)

レイ・ラインは相当なミステリー。その概念は、多くの古代遺跡
が直線上に整列している事に気がついた、英語学者で写真家の
アルフレッド・ワトキンズが、1920年に初めて提唱したもの。
有史以前の建立石、宗教改革以前の古代教会、神聖井戸、
等は全て特定のパターンに則ってレイアウトされているという。
その後1960年代という神秘的時代に、レイ・ラインは地球の謎、
スピリチャリティ、未知の物体、等に関連する新たな次元を
与えられた。人々は小枝やハンガーを使ったダウジングによって
それらを探求する事を始めた。

ロスリンのツアーを連れて回っているマンロは、レイ・ラインは
エネルギー場であると考えている。そして水晶を通じてそれらと
チャネリングする事により、苦しむ人を助ける事が可能とも
考えている。「貴方はその中にエネルギーを圧縮できる。」
「私はそれをヒーリングに使う。しかし人々を完全に治せる
と主張している訳では無い。」彼はそう述べた。
彼が助けたある女性は、ロスリンでのヒーリング・セッションの
後に1年ぶりに初めて階段を上れるようになった。彼はそれが
物質性を超えた精神力である可能性を認めている。がしかし、
レイ・ラインのパワーの単に1つの例にすぎないとも言っている。
【続く】


Related Link:
■ The Templar Revelation
 テンプル騎士団の隠された正体
http://conspiracy.exblog.jp/2214348/

■ Rothschilds and the Grail Bloodline
ロスチャイルドと聖杯の血脈
http://conspiracy.exblog.jp/2205849/

2006/03/21追記
■ Professor challenges Mayan calendar opinion
マヤ暦「2012年」に挑む教授
http://conspiracy.exblog.jp/3367764/

レイ・ラインとロスリン礼拝堂 続き
[PR]
by gangster007 | 2005-10-03 00:29 | FREEMASON