陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
Exhibit Traces Influence of Freemasonry
フリーメーソンの影響を示す証拠物件の展示会

■ Exhibit Traces Influence of Freemasonry
[news.yahoo.com - Wed May 18]
http://news.yahoo.com/s/ap/masonic_architecture

AP カール・ハートマン
ワシントン
- ワシントンにある最も有名な建築物(ホワイトハウスを含む)
のうちのいくつかは、フリーメーソン(それは中世の大聖堂建築に
さかのぼる団体)による深い特徴を持つ事を、最新の展示会が
明らかにしている。その展示会は「イニシエイテッド・アイ」
(秘儀を伝授された目):秘密、シンボル、フリーメイソン、そして
ワシントンD.C.の建築と呼ばれる。それは水曜日に一般に公開
された。ピーター・ウォッデル(49)はニュージーランド生まれの
歴史画家。この展示会に21枚の絵画を寄贈した。現在アメリカ
市民の彼は、ジョージ・ワシントンに関する事実を強調する。
1792年に国会議事堂のコーナーストーン(礎石)を置く際に、
ワシントンはフリーメイソンの儀礼のエプロンを身に着け、それを
行った事に示されるという。ワシントンと後の14人の後継大統領ら
はフリーメイソンであり、リンドン・ジョンソンまで同じ。
ここに展示される加工品の中には、マウント・ヴァーノンの埋葬地に
ワシントンの体を埋める際に使用された、メイソニック・シンボルが
描かれた、白い棺桶用の帯がある。

今日フリーメイソンの起源は、700年前の英国の大寺院を建設した
労働者の組合にあるとされる。しかしある人は、2000年以上前に
ソロモン王が彼の寺院の為の資材を採掘した、鉱山に関係がある
と考えている。数世紀以上を経て、フリーメイソンの特質は変化した。
英国のロッジは、石切り工以外の会員を受け入れ始めた。
1700年代までに、多くのロッジが「思索的」と呼ばれた。つまり、
彼らが石ではなく概念を扱う事になったと言う事。
会員には、全く労働者とは関係の無い人々が含まれる。:
マーキス・デ・ラファイエット(ワシントンの副官、フランスの政治家)、
ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルト(音楽家)、
ヨハン・ヴォルフガンク・ゲーテ(ドイツの詩人、科学者、政治家)、
プロシアのフレデリック大王、ナポレオンの4人の兄弟、等。

1848年7月4日ジェームズ・K・ポーク大統領(メーソン)は、傍に
付き添うアレクサンダー・ハミルトンおよびジェームズ・マディソン、
両大統領の未亡人らと、ワシントン記念塔の礎石の定礎式を取り
仕切った。かつてワシントンが国会議事堂で使ったものと同じ
フリーメイソンの「こて」を用い、ワシントン市のメイソンのグランド
マスターであるベンジャミン・ブラウン・フレンチと下院の書記が、
シンボリックなフリーメイソンの道具類を提示し、建築家でメイソン
であるロバート・ミルズに対してシンボルの意味を定義した。
彼は次のように述べた。
「直角および水平と垂直は、この記念碑の建設に使用されなければ
ならない、実用的道具である。」
「我々フリーメイソンは以下が道徳的に避けられる事を知っている:
鉛錘線は、直角の力によって我々の行動を四角に整理し、
我々は時間のレベルを旅する者である事を想起させる、
神と人間の前のいくつかのステーションを、
垂直に歩む事を警告する。」

この種の定義にもかかわらず、フリーメーソンは1738年の
ヴァチカンによる敵対的勅令によって具体的に表現された、深刻な
反感を受けている。1800年代初頭、アメリカには反メイソンの政党
が存在した。それは7人の選挙人投票に勝ち、バーモント州知事を
選出した。しかし、この運動は1836年には衰退した。20世紀には、
イタリアのベニート・ムッソリーニ、ドイツのアドルフ・ヒトラー、
スペインのフランシスコ・フランコおよびナチの影響下の東ヨーロッパ
政権の政府は、フリーメイソンと、加えてユダヤ人を積極的に迫害
した。この2つはしばしば関連付けられる。

1950年代に、ホワイトハウスの建築構造が非常に脆弱と受け
取られ、当時の在任者であるハリー・トルーマン大統領とその家族
には、安全ではなかった。ホワイトハウスは外壁だけを残し内側が空
にされ、改築された。フリーメイソンの中の高位階に就いていた
トルーマンは、当時その骨組みを調べている。建築労働者の中の
フリーメイソンによって印を付けられた、オリジナルの石を、いくつか
発見している。彼はそれに記名し、国中のメイソンのロッジに送った。
「議会はそれを止めさせた。」ウォッデルは述べた。

ホワイトハウスのオリジナルの建築家であるジェームズ・ホーバン
は、メーソンだった。彼がスコットランドから連れてきた石切り工は、
彼らのメイソニック・ロッジを組織し、彼を創立委員として指名した。

この展示会は歴史的なビルに収容されている。ワシントンで最も古い
家のうちの一つ、オクタゴン(八角形)。そこは1812年の戦争の
終結条約がサインされた場所。英国軍がホワイトハウスを含む
ワシントンの多くを焼いた後にも、マディソン大統領と彼の妻ドリーは
そこに留まった。
この展示会と一連の講義は、米国建築基金と、コロンビア特別区
フリーメイソングランドロッジによって準備された。展示は12月31日
まで見れる。

a0011290_22103321.jpg

we are traveling on the level of time...
我々は時間のレベルを旅する者・・・


Related link:
■ ISRAELI whole capital is occult Masonic shrine
イスラエル最高裁判所のメイソニック・シンボリズムについて
http://conspiracy.exblog.jp/1243373/

■ Masonic and Kaballistic Symbols Embedded in the Washington DC Map Layout
http://conspiracy.exblog.jp/226785/

Exhibit Traces Influence of Freemasonry 原文
[PR]
by gangster007 | 2005-05-27 22:10 | FREEMASON
中国、ネットで世論導く「地下評論員」育成
■ 中国、ネットで世論導く「地下評論員」育成…香港紙
[読売新聞社:2005年05月22日 18時46分]
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20050522i211.htm

【香港=関泰晴】22日付の香港紙「明報」などは、中国政府がインターネットの言論統制を狙い、一般市民を装って反政府的意見に反論して世論を導く「地下評論員」を育成していると報じた。

 それによると、地下評論員は、過去1年間で少なくとも3省・市で100人以上が育成された。すでに今年4月に活動を始め、
インターネットの掲示板などに意見を載せる
などして、政府の意向に沿うように世論を誘導しているという。

 中国ではインターネットの言論統制が厳格に行われており、
<1>外国のウェブサイトに接続禁止
<2>国内の一部サイトの閉鎖
―などの規制を行っている。


Related Link:
■ Chinese Prejudiced Against Condi Because She's Black Woman
中国人が、黒人女性のライス米国務長官を蔑視
http://conspiracy.exblog.jp/1855619/
a0011290_21202011.jpg
■ ネット世論の大嘘~「猫虐待事件」2chの裏
http://www.asyura.com/2002/bd19/msg/272.html
[PR]
by gangster007 | 2005-05-22 21:24 | China
UFO Over Florida; Google Sightseeing
a0011290_20452865.jpg

Google Maps 衛星写真サービス上に記録された、
フロリダ上空UFO写真

■ Google Maps
Google Sightseeing » Map

これに関する意見が投稿されているGoogle Sightseeing掲示板
■ Google Sightseeing » Post Archive » UFO
http://www.googlesightseeing.com/2005/05/12/ufo

I have no idea what this is. I can’t find anything similar on any google map referenced sites. It doesn’t show up on terraserver and I live nearby so I know there are no towers in that area. It has the same shadow as ground objects and when you zoom out it appears to be too small to be something really close to the satellite.


[PR]
by gangster007 | 2005-05-18 20:58 | UFO
Superheavy Elements 115 & Bob Lazar
a0011290_21415633.jpg
超重量元素115の発見とエリア51、S-4の科学者ボブ・ラザー
■ Back to the saucers
[The Guardian - Thursday May 12, 2005]
http://www.guardian.co.uk/life/farout/story/0,13028,1481442,00.html

2004年2月、ドゥブナ(ロシア)の核研究所とカリフォルニア
のローレンス・リバーモア国立研究所の共同研究による、
ロシア・アメリカの物理学者チームは、ほんの一瞬の間、
かすかに感知された、2つの新たな元素を発見した。
ロシア人Yuri Oganessianによって率いられた科学者らは、
Physical Review Cの記録誌上で、発表を行った。
未だ彼らの発見は再現されていないのだが、彼ら自体は
高く信頼できる、と考えられている。その2つの新たな
「超重量」元素、113と115は、暫定的に ununtrium と
ununpentium と命名された。
ウンウンペンチウム(Ununpentium,Uup) - Wikipedia
それらは星の爆発によって生成され、宇宙起源に関する
手掛かりを提供するかもしれないと考える物理学者らを、
興奮させるもの。

しかし、元素115がヘッドラインで報じられたのはこれが
初めてではない。恐らくそれほど評判がよくない研究者の
別のグループの理論によると、それは我々に向けて、星
そのものを究極的に運んでくる鍵、となる可能性がある
というのだ。
1989年、ラスベガスのTV局は、自称科学者のボブ・ラザー
のインタビューを公開した。彼はネバダ州の悪名高い秘密
空軍基地エリア51の真南に存在する、S-4と呼ばれる極秘
機関で働いていた事を主張。S-4に格納された9機の地球外
の空飛ぶ円盤を目撃した事を述べ、騒ぎを巻き起こした。
マサチューセッツ工科大で学び、ロスアラモス国立原子力
研究所で働いていた、と自ら主張するラザーは、S-4での
彼の仕事は、円盤のうちの一つの反応炉を「逆行解析」する
事であり、それがどのように働いているのか見つけ出す事で
あったと説明した。そこで彼はETと人類との相互関係の歴史
について状況説明を受けた。また単独機体飛行の短期間の
テストフライトを目撃していた。ラザーによると、円盤は
「極限の重力フィールド」を作り出す「重力増幅装置」を用いて
飛行するという。「極限的に増幅された重力場」は、
「時空間の歪曲」を成立可能にする。
「これは、この技術の源を、我々の目的地としてもたらす。
つまりごく僅かな時間で、宇宙空間での何百光年か離れた
地点までをも、移動する事が可能と言う事。」
これを行う為のパワーは、宇宙船内の反応炉によって生成
される。反応炉は元素115によって燃料供給されていたという。

ラザーが真実を語っているか、もしくはそうでなくとも、彼自身は
常に自分の主張のそばに存在する。そしてUFOの現場は、
その後側にとり残される。彼は現在、研究所の科学装置の
修繕会社を運営する。同じく、家庭用水素燃料発生装置の
開発に携わっている。さらに地下の核ミサイルサイロ中での、
火星環境の地球化という大掛かりな実験計画に熱中している。

仮に元素115の存在が確認された場合、恐らくある日、
それはラザニウムと呼ばれるのかも。


■ Back to the saucers
[The Black Vault - Posted on Friday, May 13]
http://www.bvalphaserver.com/article14122.html

The Guardian 記事原文
[PR]
by gangster007 | 2005-05-16 21:08
UFO sightings in China on the rise
増加する中国のUFO目撃例

■ UFO sightings in China on the rise
By PETER HARMSEN
[The Star Online Malaysia - Tuesday May 10, 2005]
http://thestar.com.my/lifestyle/story.asp?file=/2005/5/10/features/10853668&sec=features

内容は低レベルか。(AFP)
中国関係は総じて胡散臭い。

共産党から弾圧され、表メディアから黙殺されている
 法輪功 の主張する内容とはかなり違う。
■ FalunDafa In Japan(法輪功)
http://www.falundafa-jp.net/

(AFP)
中国北東部ウーチャン市の農業労働者Meng Zhaoguo (孟昭国)
は、彼が29歳の時、異常に屈強な体格の女エイリアンによって、
たった一度だけではあるが、結婚した夫婦間の絆を犯された
と言っている。彼は自分自身のエイリアン種族との接近遭遇に
ついて次のように述べた。
「その女は身長3メートルで、6本指を持っていた。しかし
そのほかは完全に外見は人間そっくりだった。」
「その後私は妻にすべてを話したが、あまり怒らなかった。」

このMengと全く同じような、地球外生命との何らかの性的な
肉体関係の成立を主張する中国人は、実際上ほとんどいない
のではあるが、世界における最大人口国家の、今もって増加
し続けているこの国の人達は、未確認飛行物体もしくはUFOを
信じている。中国国内で公式に認められたUFO関連団体は、
約5万人の会員を持つ。しかしある筋の推測によると、実際に
中国国内でこの問題に興味を持つ人の数は、おそらく数千万に
上ると見られる。

Sun Shiliは、最も真剣なマニアの1人。彼は地球外生命が最終的
に人類と接触する事になるのが何処であるのかを正確に知って
いるという。この67歳の引退した北京の教授は、エイリアンとの
初めての交渉を進行させる為に、地球を代表した国際UFO連合
によって選出される21人の代表派遣団の一員に、自分自身が
なると言っている。彼はかつて毛沢東の高度なレベルの海外公式
訪問の為のスペイン語通訳だった。その彼が、言語は問題には
ならないという。彼は次のように言う。
「情報をやりとりするのには、テレパシーを使うと予測している。」

かつてマルクス主義が物質主義に取って代わったのと同じく、
精神的主軸を既に失いつつあるこの国では、「光年間の距離」
とかいう不可思議な世界の概念が、多くの人々にとって最後の
偉大な望みを与えている。

ハーバードの心理学者、リチャード・マクナレーは次のように言う。
エイリアンによって誘拐されたことを訴え、その体験をある種の
”心霊の深化”と述べた西洋人らに対して行った研究によって
生み出されたのと、同じパターンが認められる、というのだ。
「我々の研究対象のアブダクティーらは、特徴的に皆自らを、
’スピリチャルな’一個人であると自称する。彼らにとっては、
組織化された宗教から得る心霊的知識は十分でない。そして
中国のUFO観察者は、我々の研究対象と良く似ている。」

【以下続く】


In September, the International Chinese UFO Association
will hold an international meeting on UFO research
in the northern port city of Dalian.

中国国際UFO協会は、9月に北部の港町大連において、国際
UFO会議を開く予定


 法輪功 とは違って許可されるらしい。

増加する中国のUFO目撃例 訳続き
[PR]
by gangster007 | 2005-05-12 00:21 | China
Aliens, Bio-terror, and the Masonic "Dr X."
エイリアン、バイオテロ、そしてフリーメイソン「ドクターX」

メイソンリーで各種結社会員。元軍人で医療関係者。
エイリアン・アジェンダを語る人物は、興味深い経歴の持ち主。

■ Aliens, Bio-terror, and the Masonic "Dr X."
[Fatemag.com May 2005 - Article 1]
By Nick Redfern
FATE Magazine - May 2005
http://fatemag.com/2005_05art1.html

9/11以降のアメリカにおいては、放射性汚染爆弾、生物兵器、
スーツケース核爆弾のような用語が不幸にも一般的になった。
それはともかく、切迫する地球圏外の脅威を世界の官僚に対し
最大限の警告を行っていた市民および博士らの関与した理論
によると、今から半世紀以上前、銀河を超えて来襲した
エイリアンには、不気味で類似したテロを我々に対して加える、
という卑怯な計画が有ったというのだ。

何千もの人々が断言し数十年に渡り主張し続けてきた内容と
文字通り同じように、仮にエイリアンが実際に地球を訪れている
とするならば、質問と回答の両者が必要とする最大で最も重要
な疑問の一つは、以下に間違いない。:
「なぜ彼らはここに来たのか?」

書店やマガジンラック、そしてインターネットを、最も簡潔に
閲読すると、以下の複数の可能性のある説が現れる。:
(1)核兵器と拡大する環境破壊がもたらす脅威について、我々に
警告するため、親切で心配性の異星人が地球までやって来た、
という説。
(2)感情を持たないエイリアンが彼らの滅亡しつつある種族を再び
若返らせるため、不気味な遺伝子組み換え操作の一部として
人間を誘拐している、という説。
(3)我々は遠い宇宙の親族らによって行われている、極限的内密に
諜報的活動制限された、超長期的科学実験の対象である。
したがってなぜだか全く判らないのだが、彼らは人類との開かれた
接触は、現時点で望んでいない、という説。

さらに不吉なある噂では、エイリアンがニューメキシコの秘密基地
の地下深くで生きており、将来のある日、全面的銀河間戦争へと
発展する可能性を持つ、容易ならざる銀河同盟にアメリカ合衆国
を加入させた、と言っているのである。しかしながら50年以上前、
インディアナのある博士「ドクターX」は次の事柄を確信したという。
我々の世界におけるUFOの存在の謎を、解き明かした事。さらに
米軍と政府に以下の恐怖の真実を、警告するのを決めた事。:
「UFOの背後に存在する知性体は、生物兵器および核兵器戦争
を用いる事で地球人類種族を一掃する事を試みている。」
これは単にそれだけで終わらない。:
このドクターの言う事のまったく奇妙な性質にもかかわらず、
公式に機密扱いが解かれた文書は、FBIと米国空軍の両者が
この人の主張をかなり真面目に受け取っていた事実を示している。

「ドクターX」の遭遇

この奇妙な伝説は、1949年7月1日から全て始まった。
カナダでの休暇中、「ドクターX」と彼の妻は、明確に通常でない
種類の接近遭遇体験を持つ事となった。
(FBIと空軍の両者は、公開したドキュメントと関連する文書上から
の彼の名前の削除を、注意している。
したがって彼を「ドクターX」と呼ぶことにする)
以下の記述は、イリノイ州スコット空軍基地のアメリカ空軍特別調査
班の捜査官エルバートW.ファリスにより1949年9月6日の日付で
記録されたもの。アメリカ空軍特別調査班AFOSI司令部と、
オハイオ州デイトンのライトパターソン空軍基地の技術諜報部
管理者の両方の”the attention”の印が押されている。
「インディアナ州ディケーターの「ドクターX」およびその妻は、
1949年8月15日にインタビューを受けた。空飛ぶ円盤であると
彼らが考えている未確認飛行物体を、目撃したことを陳述。
この目撃は1949年7月1日、カナダのウッズ湖東側近くの、
カナダ、オンタリオ、フォートフランシス、約50-70マイル北の
ハイウェー70上にて発生。」
ファリスの報告書は、オファット空軍基地でのAFOSIの特別捜査官
クラレンス・A・トランブルによって、「ドクターX」と行われた
インタビューに基づく詳細を記したものだ。

【中略 この人物の語る話が延々と続く】

Air Force Followup ★★空軍のさらなる追及★★

「ドクターX」の奇妙な性質の理論にもかかわらず、空軍が彼を
変人として片付けてしまわなかった事は、ひょっとするとかなり
重要かもしれない。確かにファリス捜査官は、彼自身に関する
いくつかの詳細な経歴調査に着手していた。:
「インディアナポリス・スター紙およびインディアナポリス・ニュース
紙の利用可能な情報源からの空飛ぶ円盤目撃例の集計による
と、大多数の目撃が1947年、1948年および1949年の7月と8月に
発生した事を示している。」
より重要なのはファリス捜査官の次のコメントである。
「信頼できる医学界の権威である秘密情報提供者の(CI-1)は、
この理論は興味深く、より深い研究が妥当とアドバイスした。」
空軍は、生物兵器および核兵器の戦闘を用いて人類を汚染する
秘密作戦にエイリアンが乗り出す可能性があるという考えを、
真剣に受け止めていた様に見える。一体全体または本当は、
この著しく珍しい理論(仮に本当だとしても非常に不穏な内容)
を空軍が取り組む事になった契機はいったい何だったのか?
確実なのは「ドクターX」の経歴が、主な要因であったという事。
これに関するファリス捜査官の記述は以下。

「この「ドクターX」は、会員証を提出していた。その会員証は、
彼がフリーメイソンであること示し、スコティッシュ・ライト(メイソン)
であり、ピシアス騎士会
The Knights of Pythias
http://www.pythias.org/であり、
ロイヤル・オーダー・オブ・ムース
Loyal Order of Moose
http://www.mooseintl.org/public/default.aspxであり、
フラターナル・オーダー・オブ・イーグル 
Fraternal Order of Eagles
http://www.foe.com/である事を示していた。
彼は14ヶ月の間海軍士官を勤めていた。彼はさらにアメリカ合衆国
公衆衛生局の職権を所持していた。インディアナ州ブルーミントン
の医療協会の会員でもあった。彼は内科医兼外科医であった。」

これらは控えめに言ってもすべて華々しく、
さらには陰謀術策をめぐらす興味深い経歴と言える。

【以下略】


このドクターの言う事のまったく奇妙な性質にもかかわらず、
公式に機密扱いが解かれた文書は、FBIと米国空軍の両者が
この人の主張をかなり真面目に受け取っていた事実を示している。


この論文執筆者のNick Redfern 氏の興味は、
最終的に結局これ。内容以前の問題。

Aliens, Bio-terror, and the Masonic "Dr X." 原文
[PR]
by gangster007 | 2005-05-10 02:16 | FREEMASON
Pope was investigating Knights Templar before his election
a0011290_15212996.jpg
新教皇が選挙前にテンプル騎士団の調査を実施

■ Pope was investigating Knights Templar before his election
[TheInsider.org - 30 April 2005]
http://www.theinsider.org/mailing/article.asp?id=1149

新教皇(ベネディクト16世)は、テンプル騎士団とイルミナティ
らが含まれる秘密結社を、積極的に調査していた事が昨日
明らかにされた。その詳しい内容は、Hertfordshire(英国)の
ローカル新聞によって暴露された。ラッツィンガー枢機卿は、
教理省長官であった人。(教理省とはすなわち異端審問所。
異端者の調査または追放、もしくは排除の為に創設された
教会の武力)しかし奇妙なのは以下の事実にある。彼が新た
な教皇に選任される直前に、その調査を開始していたのを
我々は今になって知った事。彼は何かを知っていたのか?
彼は確かに以前から、自分自身の教皇になるという野心を、
秘密にしてはいなかった。

教皇のハートフォードのテンプル騎士団の厳密な調査

伝えられるところによると新教皇は、ハートフォードの秘密結社、
テンプル騎士団の調査を行っていたという。
彼はハートフォードシャーの歴史家のトップの人物、および
ハートフォードのカウンティ・ホールの登記役人と接触を持った
と思われる。それらの問い合わせは、去年の12月にテンプル
騎士団が発した、約700年前のヴァチカンの迫害に対する
2007年までの教皇の謝罪を求める要求に、対応したもの。
■ Knights Templar Ask Pope for Apology
[Illuminati News - Monday, November 29, 2004]
Illuminati News
ヴァチカンが「真剣に考慮すべき」と言われた、この要求は、
the Mercury によって独占的に公開された後、国際的
ヘッドラインニュースになった。このニュースはさらに、
タイムズ紙、インディペンデント紙、ガーディアン紙、等を含む
全国紙にも現れた。

今我々は以下の新たな情報を得た。:ジョーゼフ・ラッツィンガー
枢機卿が今月の初めに、新教皇ベネディクト16世として選出
される前に、ハートフォード訪問を行っていた事実。
情報筋がthe Mercuryに語った所によると、このドイツ人枢機卿
は、ハートフォードシャー大学で郷土史のエキスパート、
アラン・トンプソン博士と接触していた模様。さらに匿名の情報
提供者は、以下の事実を指摘する。新教皇の出生地は、ドイツ
のババリア。そこで彼はヒトラー青年団のメンバーに成った。
しかしそこはミステリアスな秘密結社「イルミナティ」を生んだ
母地でもある。

トンプソン博士に対し我々はこれらの主張を確認するよう求めた。
彼は次のように言う。
「私はしばらく前に、以前の枢機卿から連絡を受けた事はある。
・・・しかしそれについてこれ以上、何も話したくない。」
現在のテンプル騎士団会員のティム・アチソンは、
次のようにコメントする。
「この教授は、これ以上何も与えたくないと思っているのだろう。
しかし彼の返答には重要な手掛かりが存在している。
”前の枢機卿”には、たった一人しか当てはまらない。
つまりラッツィンガーだ。」



新教皇のテンプル騎士団の調査 続き
[PR]
by gangster007 | 2005-05-03 23:26 | FREEMASON