陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
<   2004年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
Another Cause for Mad Cow? 狂牛病には別の原因が?
狂牛病の原因が、肉骨紛経由のプリオン蛋白質では無い可能性
a0011290_043835.jpg

■ Another Cause for Mad Cow? 27-Aug-2004
  【UnknownCountry.com】

英国の酪農家 Mark Purdey マーク・パーディーは、
狂牛病が事実上マンガンに起因する狂気であると主張している。

パーディーは以下のように言う。
牛に他の牛からの肉および骨粉を与えることが1988年に英国で
禁止された。しかし、この事実にもかかわらず、その禁止後、
40,000頭の牛が狂牛病と共に産まれて来た。
アイルランド、ポルトガルおよびフランスでも、肉骨粉が飼料として
これらの国々で禁止された後にも、さらにより多くの狂牛病の
ケースがそこで発生している。

マーク・パーディーは有機農場を経営している。
1984年、英国政府が殺虫剤-Phosmet「フォスメット」
で全ての牛の背を処置しなければならないという採決を下した時、
彼は裁判所に行き、それをしない権利を獲得した。
翌年、狂牛病が英国に現われた。
パーディーは、有機農場で生まれ育ち、そして「フォスメット」の
投薬処置をされなかった牛は、疾病にはかかっていないと言う。
たとえそれらのうちの多数に肉骨粉が与えられたとしても、結果は
同じだとも言っている。
さらに英国は、インド、南アフリカおよびサウジアラビアの各国へ
大量の肉および骨粉を輸出していた。しかし、そこの牛のどれもが
疾病に至った事例は無いと言う。

パーディーは彼自身の理論をテストするため、精神病理学者
 Stephen hatley を以下の実験の為に雇った。
「フォスメット」を投下した脳細胞を培養し、これが悪玉プリオンを
作り出すかどうか確かめる実験である。
そのテストは、狂牛病で見つかったのと全く同じ種類ではないが、
プリオン蛋白質のある種の変形を引き起こした。

その後パーディーは、狂牛病発生率の高い区域で、何か異常な
状態が無いか精査を開始した。そこの土中からは、非常に
低レベル値の銅と、同じく異常に高レベル値のマンガンを発見した。
さらに彼はCJD(人間の場合の狂牛病)と同じ症状を持っている、
「マンガン狂気」と呼ばれる、マンガン鉱労働者の疾病の症状を
発見した。銅の欠乏状態がある場合、マンガンは動物や人体中に
おいて銅の置換物質となる場合がある。



狂牛病新説 続き
[PR]
by gangster007 | 2004-08-31 00:26 | SCIENCE
$1bn to build unmanned fighter  無人戦闘機製造に10億ドル
ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)無人戦闘機受注で
10億ドルGET
a0011290_2356213.jpg

BBC NEWS Science/Nature
Monday, 23 August, 2004, 15:38 GMT 16:38 UK

米国国防事業契約者は、米軍に対するプロトタイプ無人戦闘機
製造の為の資金提供として、10億ドル以上を受け取った。
ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman)は5年間で、
米国国防省防衛高等研究計画局(Darpa)のために少なくとも3機
のフルスケール飛行プロトタイプ機を製造する。
この契約における勝利は、ノースロップのX-47Bコンバット・ドローン
研究の継続を可能にするだろう。

多くの無人戦闘機が地上から、あるいは航空母艦から、ネットワーク
につながれ、コントロールされることが望まれている。
この機体が目論む重要ミッションは、敵の航空防御の制圧、
高精度攻撃、電子的攻撃、敵防空圏最深部への監視、等。

ボーイングは、既にX-45Cと呼ばれる別のドローンを、Darpaに
統率された、同じ作戦的評価過程の
 Joint Unmanned Combat Air System (J-UCAS)
デモンストレーション・プログラムの中で開発している。
J-UCASの目的は、未来のネットワーク中心の戦場で展開可能な、
操縦および通信の統合センサーを装備した無人戦闘機(UCAV)を
見つけ出す事にある。

[Network Centric Warfare]
ネットワーク中心の戦闘は、情報の優位性をもって敵に対する
圧倒的優越性を獲得する事、さらに過去に可能であった規模よりも
迅速かつ有効にリソースの展開が可能になる事を含んでいる。


「X-47Bは、軍事的オペレーションの全ての領域を
サポートするのに高度に適応した、非常に有能な航空
作戦システムである事を保障する。」 スコット・ウィンシップ
(ノースロップ・グラマンのJ-UCASプログラム管理者)は言う。
「それは非常にステルスで生存率が高い。
それは大きな内部武器ペイロードを備えた各種のセンサーを運搬し、
新たに立ち上がる軍の作戦アーキテクチャーのネットワークに
完全に接続されるだろう。」

この契約の賞金は、3000万ドルの操業資金を含んでいる。

■$1bn to build unmanned fighter - BBC NEWS
Last Updated: Monday, 23 August, 2004, 15:38 GMT 16:38 UK
http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/3591684.stm

参考
■Microsoft Patents Body-As-Network マイクロソフトの人体特許
http://conspiracy.exblog.jp/536563/
ネットワークに人体そのものを接続するというマイクロソフトの野望

■RMAがもたらす「新しい戦闘様相」について
(Network Centric Warfare について言及している。面白い。)
http://www.drc-jpn.org/AR-6J/okamoto-j02.htm

■Northrop Grumman Corporation - Defining the Future
NORTHROP GRUMMAN NEWS RELEASE

関連 追記 2005/10/24
■ Russian Stealth Aircraft Technology
ロシアがプラズマ・スクリーン・テクノロジーを使用したステルス機を開発
http://conspiracy.exblog.jp/2389136/
[PR]
by gangster007 | 2004-08-27 00:07 | SCIENCE
Suspect Zero - Remote Viewing (遠隔透視)
Remote Viewing (遠隔透視)を劇中描写する映画「Suspect Zero」
a0011290_15113022.jpg

まだ現地でも未公開のこの映画、今日現在(8/25)ですでに一部
陰謀系ウォッチャーの興味の的となっている。
Remote Viewing (遠隔透視)について関心を持つ人は、あまり表には
成らないが、潜在的には相当数存在しているという事か。

公式サイトや公開前の宣伝サイトで、予告編、映画情報は入手出来るが、
Remote Viewing (遠隔透視)について監督自身が直接語る
インタビューストリーミングが別に存在するのでリンク。
■Yahoo! Movies- Suspect Zero (2004)
http://movies.yahoo.com/shop?d=hv&id=1808579551&cf=trailer

"Remote Viewing" -- Director Elias Merhige explains
how the U.S. Government designed remote viewing
for secret operations.

軍事、諜報の分野でコレが用いられてきた事は、既成の事実。
■Remote Viewer Describes Ancient Civilization
http://conspiracy.exblog.jp/704076/

■Suspect Zero
http://www.apple.com/trailers/paramount/suspect_zero/
[PR]
by gangster007 | 2004-08-25 15:49 | Screen
Head of Dolly clone lab is found hanged
クローン羊「ドリー」の研究開発の主任教授が別荘で首吊り自殺
a0011290_2244425.jpg

[Scotsman.com News - Sci-Tech Mon 16 Aug 2004]

THE head of the science lab which created Dolly the sheep has been found hanging in his holiday home.

Professor John Clark, who was believed to have been suffering from depression was found in his remote cottage in the village of Cove, north of Eyemouth, on the Berwickshire coast.

Prof Clark lead the Roslin Institute in Midlothian, one of the world’s leading animal biotechnology research centres.

He played a crucial role in creating the transgenic sheep that earned the institute worldwide fame.

■Head of Dolly clone lab is found hanged
http://news.scotsman.com/scitech.cfm?id=948042004

クローン羊「ドリー」作製の主任教授の首吊り自殺死体、別荘で発見。
つい最近、不気味な羊の胎児発見のニュースがあったばかり。
この遺伝子研究の分野も、公表されている表の内容から、
アンダーグラウンドで流れる情報まで、全て怪しい。

[Full Disklosure Forum - Conspiracies]
Dolly Clone Creator - Found Hanged

[The Surfing The Apocalypse Network]
BIOTECH PROF. - DOLLY CLONE CREATOR - FOUND HANGED
[PR]
by gangster007 | 2004-08-23 22:09 | SCIENCE
「華氏911」は実にくだらんかった  映画監督・井筒和幸のコメント
「華氏911」は実にくだらんかった 映画サイズのワイドショーや
シバキ!ハンダづけ!! 【東京スポーツ】 2004/8/19
毎週水曜日掲載の映画監督・井筒和幸のコラム。
a0011290_1947370.jpg

臭すぎるチョウチン記事がやけに目に付くこの映画で、
ここまでの事が言えるのも、井筒和幸 自身が実際の「映画監督」で
あるからか。紙面の端の方の小さな連載コラムだが、面白いのでUP。
「華氏911」は、この感想が普通Death。

【東京スポーツ】 2004/8/19 シバキ!ハンダづけ!!
「華氏911」は実にくだらんかった 映画サイズのワイドショーや

 ニッポン人はカンヌにことさら弱い。
「華氏911」、封切られたばかりの恵比寿の映画館はチョー
満員らしいけど、いやー実につまらん、くだらんかった。
あのだらしなく太っているマイケル・ムーアの、映画への態度
そのものがつまらなかった。アレでカンヌの1等賞かえ?
審査員がタランティーノ。ロクなモンやないね。
なんじゃいカンヌって。

 あれが優秀なドキュメンタリー映画かな。
ブッシュが口走った断片を切り張りして編集でつなげた
だけの、あの腹芸はないわ。劇場で見るモンやないよ。
NHKスペシャルの取材班なら、あの100倍凄いの
作ってるやろうね。テレビマン、言うてやれ!
「全く解せない映画やった」って。



東スポ 井筒和幸のコラム 続き
[PR]
by gangster007 | 2004-08-19 20:13 | Screen
Russian astronaut saw UFO in spaceship porthole
ロシアの宇宙飛行士が宇宙船舷窓でUFOを目撃した事を公表。
a0011290_21215258.jpg

■Russian astronaut saw UFO in spaceship porthole
 08/16/2004 11:51 PRAVDA.Ru (プラウダ)

ロシアの宇宙飛行士が宇宙船舷窓でUFOを目撃
08/16/2004 11:51 PRAVDA.Ru

その宇宙飛行士は、他の飛行士が宇宙で何も異常物体を
目撃していないと言う場合、それは信じられないと言っている。

ソビエトの宇宙飛行士で旧連邦国のヒーローであった
Vladimir Kovalenok(ヴラジミール・コバレノク)は、
宇宙で217日間滞在した。その宇宙飛行士は、地球外生命体
の文明の存在を否定していない。
「サリュート軌道ステーションで働いていたある日、
私は奇妙な物体を舷窓に発見した。その物体のサイズは指程度
あった。それが軌道上の飛行物体である事に気がつき、
私は驚いた。」
コバレノクは、金曜日にモスクワの記者会見で発言した。

彼は、彼がパートナーと呼んでいたViktor Savinykh
(ビクター・サビンカ)も、宇宙で未確認の物体を見た事を
付け加えている。



プラウダ の訳続き More
[PR]
by gangster007 | 2004-08-18 21:38 | UFO
The Day After Roswell ペンタゴンの陰謀
元米情報将校が語るロズウェル事件と、エイリアンテクノロジーの
リバース・エンジニアリングについての著作。
a0011290_197655.jpg
ツングースカ事件の最新ニュース(8/10)が登場したので、
過去に墜落したUFO関連の情報を新たにUP。
■ペンタゴンの陰謀 The Day After Roswell by Philip J.Corso
  二見書房 (1998/02)

エイリアンテクノロジーと軍の Reverse Engineering
リバースエンジニアリングについて、担当した情報将校が直接記述する
この本の内容は、過去のUFO本の中、例が無いもの。
そのロズウェル事件の描写は大したものでは無いが、
(この人が墜落現場の作業をしていた訳では無い)
残骸から入手したエイリアンテクノロジーのリバースエンジニアリングに
ついての、 Philip Corso の描写する内容は面白い。
現在この本を日本国内で新たに入手するのは多分不可能。
出版社から重版されていないので、現物の中古のみ。
英語の原著は入手可能。amazon.com

あくまで米陸軍が所持していた残骸からのリバースエンジニアリング
についてであるので、当時のその他多くの機関が何をやっていたかまでは
語られていない。まあその手の逆行分析の話もアングラ的にはあるのだが。
実際、米陸軍での担当情報将校の回想記録というのは他に例を見ない。

The Day After Roswell ペンタゴンの陰謀
P171から一部転載

ところで、ロズウェル事件に長年つきまとっていたうわさのひとつが、
陸軍の退役将校、ジェシー・マーセルによって明るみに出た。
マーセルは死の直前、ステルス機がロズウェルの宇宙船を参考
にしたものだと証言したのだ。これは事実である。しかし、なにも
宇宙船の技術をそのまま用いたわけではない。陸軍情報部は
宇宙船が一定状況下でレーダーから隠れることは知っていたが、
どうしたらそうできるのかはわからなかった。また、宇宙船が
分子を圧縮した合成繊維でおおわれていることも知っていた。
私の知るかぎり、これとまったく同じ合成繊維はいまだ開発
されていない。同様に、ノートン、エドワーズ、ネリス各空軍基地に
ステルス機などが配備されてはいるが、ロズウェルの宇宙船の
ように電磁波推進システムを搭載できるにはいたっていない。

ステルス機の存在は1976年の大統領選挙戦で初めて公に
なったが、湾岸戦争でイラクに空爆を仕掛けるまで、目に触れる
ことはなかった。ステルス戦闘機はイラクのレーダーを完全
に逃れ、空軍施設にまんまと攻撃を仕掛けた。三日月形の全翼機
はどこか不気味で、ロズウェル郊外の峡谷に墜落した宇宙船を
想定させる。だが外観はどうあれ、ステルス機がレーダーから
隠れることに成功したのは、陸軍研究開発局が国じゅうの研究所に
技術をばらまいたからにほかならない。



ペンタゴンの陰謀 について続き More
[PR]
by gangster007 | 2004-08-17 19:35 | Books
Debris of Alien Spaceship found in Siberia
ロシアの研究者がシベリアでエイリアン宇宙船の残骸を発見したと主張
■Russian Researchers Say
Debris of Alien Spaceship found in Siberia
http://www.mosnews.com/news/2004/08/10/tunguska.shtml
Created: 10.08.2004 11:30 MSK (GMT +3), Updated: 15:37 MSK [MosNews]
a0011290_2218356.jpg

MosNews 10.08.2004 11:30 MSK (GMT +3)

有名なツングースカ隕石墜落の痕跡を調査する特別調査隊の
メンバーは、地球外生命体の装置の一部を発見したと
主張している。

シベリア州公立財団「ツングースカ宇宙現象」によって組織された
調査隊は、8月9日にツングースカ隕石墜落の痕跡の調査を
完了した。今回の調査は、以前2000年に行われてから、
初めて行われた遠征。
1908年に地球に衝突し、その後ツングースカ隕石と呼ばれた
宇宙物体の残骸を求めて、調査隊は衛星写真を指標とし、
Poligusa村の周辺のさらに広い領域を入念に調べた。

科学者達は、1908年に墜落事故が発生した地球外生命体の
技術的装置の残骸を見つけたと主張している。さらに、彼らは、
ツングースカ現象の目撃者の報告書の中で繰り返し言及された
人工物体である、"deer stone"「鹿石」を見つけたと主張
している。「鹿石」の一部は研究のためにクラスノヤルスクに
送られた。

調査隊隊長のYuri Lavbinは、火曜日にMosNewsに対して
次のように述べた。
調査隊は、宇宙物体の想定される飛行の軌跡をトレースした。
しかし今回は、以前のミッションのメンバーが想定した、物体が
東から西へ飛行したという推論とは異なり、物体は西から東へと
飛行したと計算している。
今回のこの新しいアプローチは、調査隊メンバーが木で覆われ
埋没した物体を発見するのを可能にした。

物体は、金属で作られた大きな塊のようにに見える。
研究者達は物体から一片を削り出し、後に組成を調査する予定。



MosNews の訳続き More
[PR]
by gangster007 | 2004-08-11 22:39 | UFO
HUMAN-LIKE BABY FOUND INSIDE A SHEEP
羊の胎内で見つかった人間の胎児に類似した物体
2004年8月03日、12:57 (南アフリカ)
a0011290_15291514.jpg

SABCnews.com August 03, 2004, 12:57
Northern Cape州の獣医は、羊の胎内から、人間の胎児に酷似した物体を取り出しSchmidtsdrifからKimberleyへ調査の為、運んだ。

Schmidtsdrifに住むある男が、羊の胎内でその胎児状の物体が
死んでいるのを発見した時は、その羊を屠殺の真最中であった。

SABCのメルセデス・ベセント・タハネは、その物体を
見に行っている。
彼女は、その下半身が人間の胎児のモノに酷似している
と言っている。

地元住民は、その舌が人間の舌に似ているとも言っている。
農業局高官は、その醜く変形した羊の母親が、有毒植物を
食べていたのかもしれないと推測している。


■Human-like baby found inside a sheep
August 03, 2004, 12:57
http://www.sabcnews.com/south_africa/general/0,2172,84972,00.html
■The Surfing The Apocalypse Network
http://www.surfingtheapocalypse.net/cgi-bin/forum.cgi?read=10473

The theory of evolution =進化論 を転覆させる可能性を持つ
超危険ネタ。主流メディアでは、絶対に取り上げられないはず。
Alien の Hybrid Program が思い浮かぶ。

[PR]
by gangster007 | 2004-08-07 15:35 | Unexplained
ローマのエクソシスト神父 「救ったのは」5万人
【読売新聞 2003年12月7日(日曜日)】に掲載された記事。
過去、阿修羅掲示板に投稿したものを、新たにBiglobeの自サイトにUP。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~conspire/asyura_exorcist.html
a0011290_20553363.jpg
オカルトや超自然現象は、陰謀論を語る上での核心部分。
悪魔主義、オカルト主義こそが、「彼ら」の真の実態である事は間違い無い。
■Bohemian Club
http://conspiracy.exblog.jp/750333/

カトリックの文脈で語られる 「悪魔の憑依現象」 とは、
最先端の現代陰謀論的に言い換えれば、
「異次元存在からのマインドコントロール」 と言うのと同じ。

【読売新聞 2003年12月7日(日曜日)】
『地球万華鏡』
ローマに、悪魔払いを担う「エクソシスト」として高名な
カトリック神父がいる。国際エクソシスト協会名誉会長で
七十八歳の今も一日に十件は悪魔払いをするという
ガブリエレ・アモス神父だ。連日、悪魔とラテン語で話すと言う神父
のもとを訪れると-


■ローマのエクソシスト神父 「救ったのは」5万人
http://www5e.biglobe.ne.jp/~conspire/asyura_exorcist.html
[PR]
by gangster007 | 2004-08-06 21:07 | Unexplained