陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
more...
Another Cause for Mad Cow? 狂牛病には別の原因が?
狂牛病の原因が、肉骨紛経由のプリオン蛋白質では無い可能性
a0011290_043835.jpg

■ Another Cause for Mad Cow? 27-Aug-2004
  【UnknownCountry.com】

英国の酪農家 Mark Purdey マーク・パーディーは、
狂牛病が事実上マンガンに起因する狂気であると主張している。

パーディーは以下のように言う。
牛に他の牛からの肉および骨粉を与えることが1988年に英国で
禁止された。しかし、この事実にもかかわらず、その禁止後、
40,000頭の牛が狂牛病と共に産まれて来た。
アイルランド、ポルトガルおよびフランスでも、肉骨粉が飼料として
これらの国々で禁止された後にも、さらにより多くの狂牛病の
ケースがそこで発生している。

マーク・パーディーは有機農場を経営している。
1984年、英国政府が殺虫剤-Phosmet「フォスメット」
で全ての牛の背を処置しなければならないという採決を下した時、
彼は裁判所に行き、それをしない権利を獲得した。
翌年、狂牛病が英国に現われた。
パーディーは、有機農場で生まれ育ち、そして「フォスメット」の
投薬処置をされなかった牛は、疾病にはかかっていないと言う。
たとえそれらのうちの多数に肉骨粉が与えられたとしても、結果は
同じだとも言っている。
さらに英国は、インド、南アフリカおよびサウジアラビアの各国へ
大量の肉および骨粉を輸出していた。しかし、そこの牛のどれもが
疾病に至った事例は無いと言う。

パーディーは彼自身の理論をテストするため、精神病理学者
 Stephen hatley を以下の実験の為に雇った。
「フォスメット」を投下した脳細胞を培養し、これが悪玉プリオンを
作り出すかどうか確かめる実験である。
そのテストは、狂牛病で見つかったのと全く同じ種類ではないが、
プリオン蛋白質のある種の変形を引き起こした。

その後パーディーは、狂牛病発生率の高い区域で、何か異常な
状態が無いか精査を開始した。そこの土中からは、非常に
低レベル値の銅と、同じく異常に高レベル値のマンガンを発見した。
さらに彼はCJD(人間の場合の狂牛病)と同じ症状を持っている、
「マンガン狂気」と呼ばれる、マンガン鉱労働者の疾病の症状を
発見した。銅の欠乏状態がある場合、マンガンは動物や人体中に
おいて銅の置換物質となる場合がある。






狂牛病新説 続き

パーディーは研究者David Brown デービッド・ブラウンの所へ
向かった。デービッド・ブラウンは銅が減少したプリオン蛋白質の
細胞培養にマンガンを投下するという重要な細胞培養実験を実行
した。また彼は殺虫剤「フォスメット」が牛の身体中の銅と結合して
キレート環化銅を造り出す事を発見し、この過程で銅の欠乏症が
発生、それが狂牛病の進行を誘発する事を発見した。
(注:キレートとは金属を中心にしてまわりに有機物質が配位して
生じる環状構造の化合物)
彼はイギリスが世界で最も狂牛病発生率が高いのは、全ての農家
が殺虫剤「フォスメット」を家畜の背骨に投薬処置させなければ
ならない事が原因であると考えている。さらに酪農家は、自然の
牛乳の1000倍のレベルの濃度のマンガンを含有した人工ミルクを
代替品として子牛に対し使用している。

パーディーは、 kuru 「クールー」を研究した。「クールー」とは
食人の風習のあるニューギニア先住民の多くに影響を及ぼして
いるプリオン由来の病気。彼は、他の多くのニューギニア種族が
食人風習があるなかで、the Fores 「フォレ族」のみが
「クールー」に罹る事を知った。パーディーは、その土地まで移動し、
そこの局所的な土中に、銅の成分が不足している事を発見した。

もし人々がCJDに罹患する事を恐れるのなら、それに対する最良の
方法は、適切な量の銅を含んだミネラルサプリメントを摂取する事
であると、彼は信じている。パーディーは、様々な事象の一致を
発見する事により、彼自身の理論を得るに至った。

■Another Cause for Mad Cow? -27-Aug-2004
http://www.unknowncountry.com/news/?id=4067

英国政府は、狂牛病とCJD(クロイツフェルト・ヤコブ病)騒動以前に
既に原因が何かを把握していた可能性がある。不気味なのが
このマーク・パーディー氏の周辺に、陰謀そのものの異常事態
がその後発生している事。

  • 研究に協力していた獣医と弁護士が、ともに不審な交通事故で死亡。
    2人目の弁護士も、命に別状はなかったものの交通事故
    に巻き込まれる。

  • 新聞に自説を発表した直後、電話線が切断される。

  • 新居が放火され焼失。研究所も破壊される。

  • 講演旅行に行くと、常に監視の目が光り、妨害行為が相次ぐ。


■狂牛病の原因は「肉骨粉」ではない ある農家の仮説
http://www.janjan.jp/world/0403/0403172083/1.php より
■Mark Purdey - Seeking the truth through Science
http://www.markpurdey.com/

この内容は、重大。危険そのもの。

★追記:マンガンについては、田中 宇(たなか・さかい) 氏が
 「マンガンぱらだいす」 風媒社 (ISBN:4-8331-3081-5) 1995年09月
という本を出している。これも不思議。

追記-9/8
■COAST TO COAST AM WITH GEORGE NOORY: SHOWS
【Mad Cow & Black Triangles】 Tuesday September 7th, 2004 
Tuesday September 7th, 2004

■The Rumor Mill News Reading Room
COAST TO COAST: MARK PURDEY ON MAD COW
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=55125
[PR]
by gangster007 | 2004-08-31 00:26 | SCIENCE
<< Illuminated obj... $1bn to build u... >>