陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
more...
UFO Cult Predicts End of the World in July 2007
2007年の世界の終わりを予言するUFOカルト

■ UFO Cult Predicts End of the World in July 2007
[ClickPress, Wed Jan 03 2007]
http://www.clickpress.com/releases/Detailed/24392005cp.shtml

2007/01/09 修正&追記

The Church of the SubGenius
(チャーチ・オブ・ザ・サブジーニアス)は、2007年7月5日(木)、
世界の終わりが起こるだろうと発表した。この最後の審判の予言の
成就に備え、黙示到来の前の最終週の週末に、北部ニューヨークで
行われるロックコンサートと冒涜的な宗教儀式のフェスティバル
に、会員全員が参加することを、その教会は要求した。

チャーチ・オブ・ザ・サブジーニアスとは、サイエントロジー、
ラエリアン、統一教会などの宗教、さらにクリスチャン・アイデン
ティティのような人種差別主義的憎悪集団をも含む、新興宗教の
「パロディ」として見なされる、人気宗教。その組織は、他の宗教
組織をあざける皮肉として広く見なされる。またその教団は自ら
を、「cynisacreligion」シンアイザックレリージョンと呼ぶ。
(又はシニザック・レリージョンか)


教団創設者J.R.「ボブ」ダブスは、1953年初めより、以下を予言し
ていた。空飛ぶ円盤の編隊が、サブジーニアス教団に対する世界的
陰謀を破壊するために、7月初頭到来する事。一方サブジーニアス
教団の聖職者に任命された者全てが、エイリアンのセックスの女神
(別名Xists)によって操縦された脱出船によって救出される事。

教団は、ニューヨーク、シャーマンのブラッシュウッド・フォーク
ロア・センターと呼ばれる、着衣オプションのアウトドア・キャンプ場
(つまりヌーディスト・キャンプ)で、6月28日(木)から
7月5日(木)までの間、最後の時を共に集まるため、その世界中の
会員ら全てを招待している。この複合体の初の集会は1996年に行
われた。そのイベントは規模と参加者の両方で毎年増加してきた。
1998年は最初の真実の「X-デイ」と呼ばれる。それに連続する年
ごと1を加えてきた。2007年度の今年の祭典は、X-デイ10もしくは
X-デイ-X。

教団は、Xistsの出現の前に会員数を増やすため、大規模な新教徒
募集キャンペーンに従事していた。教団の記録によると、その組織
は全世界で約10万人の信者を持つ。サブジーニアス教団の新教徒
募集活動は、何も信じない者、冒涜者、悪戯者、反逆者、
ハッカー、ポルノ写真家、オタク、はみ出し者、等を含む、社会の
標準に従うことを拒否する人々の集団に向け、特に専念され続け
て来た。

教団はアダルト娯楽産業の出演者とプロデューサーを求め続けて
いる。何故なら性的自由が、最初からの教団の教義の重要な部分
であったからだ。X-デイは、表現の自由、パフォーマンスアート、
ロックンロール、ポルノグラフィ、そしてアダルト娯楽産業の祭典
となるだろう。そしてイベントの特定部分は成人のみに制限され
る。サブジーニアス教団の聖職者に任じられた者のみが、イベント
参加の許可を得る。しかし教団は、基本料金30ドルの、7月4日の
最終時間までの会員を受け入れている。

サブジーニアス教団はその設立以来、論争と無縁だった事は無い。
そして来たるX-デイ祭典でも全く同じ。1980年代の終わり、教団の
会員は、「ピースウィルス」として知られているマッキントッシュ
コンピュータのウィルスを広げたことで非難された。教団に関して
の多数の記事が、ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、
ワイアード・オンライン、ボストン・グローブ、USニュースおよび
ワールド・リポートのような注目に値する出版物で書かれた。
さらにはCNNやNPRによってTV放送リポートが製作された。コロン
バイン高校銃乱射事件で非難を浴びた組織トレンチコートマフィア
が教団の傘下にあったという確信の下、マサチューセッツ州ケンブ
リッジ市当局は、公式サブジーニアス・デバイバル集会を、1999年
4月に阻止した。が後に、その関係が誤解であった事を当局は
理解する。しかし2001年1月1日号のタイム誌による世論調査
では、J.R.「ボブ」ダブスを、20世紀最大のペテン師と言明した。

さらに加えて教団は、2006年メディアの注目を浴びた。
尊師メアリー・マグダリーンとしてサブジーニアス教団内で知られ
た高位会員が、彼女の教団会員規則の為に、自分の息子の保護
責任に関する法廷闘争に関係した後、この事件はBoing Boing、
FarkおよびWikinews(Wikipediaのニュースリポートサービス)
のような人気オンラインサービスで取り扱われた。
マグダリーン尊師は、Lipsitz Green Fahringer Roll
Salisbury & Cambria, LLP.法律事務所の代表で
あり続けている。

a0011290_102672.gif

■ The End Is Coming
http://www.modemac.com/cgi-bin/wiki.pl/The_End_Is_Coming
↑は、X-DAY X に関連するSubGeniusのWebサイトの1ページ。
このUFOカルトのサイトのリンクからは、多くのエロページに辿り着ける。
Anti-Conspiracy と言う陰謀関連の題目のページも多い。
面白いので記録して保存。

Related Link:
■ 'UFO cult' infiltrated
UFOカルト「ラエリアン」に潜入した映画制作者
http://conspiracy.exblog.jp/2174942/

■ Scientology Opens London Church
ロンドンに新しい本部を開いたサイエントロジー
http://conspiracy.exblog.jp/4566661/

■ イルミナティのねらいと目的
http://www5e.biglobe.ne.jp/~conspire/asyura_illuminati.html
[PR]
by gangster007 | 2007-01-05 01:12
<< 世田谷一家惨殺事件 掲示板に不... Buzz Aldrin Tal... >>