陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
'Mind over matter' no longer science fiction
a0011290_21392591.jpg
最早SFではない「物質性を超越する精神力」

■ 'Mind over matter' no longer science fiction
[AFP - PhysOrg.com - General Science : June 09, 2006]
http://www.physorg.com/news69039322.html

米国人科学者ピーター・ブラナーは、数十個の電極付のスカル・
キャップを被り石のようにじっと座り続け、ラップトップ
コンピュータを凝視する。彼は鼻毛さえ動かすことなく、頭上の
巨大スクリーン上に文字で造られたメッセージを、突如構築し
始める。

"B-O-N-J-O-U-R"「ボンジュール」自分の精神力で彼はそう書く。
パリで木曜に開かれた4日間の欧州研究および技術革新展示会に
集まった数多くの科学者と好奇心の強い見学者のフランス人観衆
は、大変驚いた。

州の資金で設立されたニューヨーク、オルバニーのウォズワース
センターからやって来たブラナーおよび2人の同僚らは、
「ブレイン・コンピュータ・インターフェイス」(BCI)を実演
した。それは意図を伝達する為に脳信号として放射される電気的
興奮を電極で拾い上げてデジタル化するという驚異的技術。
スプーンは曲がっていないが、これは明確に物質を超えた精神力
だ。

ウォズワースの別の研究者テレサ・セラーズは説明する。
「神経もしくは筋肉に頼る事無しで、BCIは完全に麻痺している
人々にコミュニケーションとコントロールを提供する事が可能」
セラーズ博士はBCIテクノロジーの潜在的ユーザーが、全世界で
約1億人存在すると概算する。そこに1600万人の脳性小児麻痺、
退行性脳障害の患者と、少なくとも500万人の脊髄損傷被害者ら
が含まれる。さらに脳幹脳卒中によって完全に麻痺した1000万人
についても彼女は述べた。

科学者らは思考を運動に直接変換する方法を、約20年間も実験
し続けてきた。しかしBCIだけがつい最近になってラボから
飛び出し、自分の意思にもはや反応しなくなった彼らの身体内部
の仕掛けとして日常生活に入ってきた。

利用可能な適用例は、単語を書く事を超え物理的運動へと拡張
する。「これと同じテクノロジーが電動車椅子を操作するのに
使われるのは、単に時間の問題なだけ」セラーズは言う。
「我々は既にその使用は可能。だが複雑な問題があり、現在の所
安全では無い」彼女は述べた。

脳障害により「固定化される」という恐ろしい状態が大衆の目に
触れるようになったのは1990年代の終わり。仏人ジャーナリスト
でエル・マガジンの編集者だったジャン=ドミニク・ボービー
が重い脳卒中に倒れた後。彼の左まぶたのまばたきを苦心して
「書き取らせた」美しく感動的な伝記で知られる。彼が死ぬ2日
前に発表された"The Diving Bell and the Butterfly"
「潜水服は蝶の夢を見る」は国際的ベストセラーになった。
ボービーがBCIテクノロジーを利用できたなら、彼は独力で、
そして数分の一の時間で、彼の本の殆どを確かに書く事が
出来ただろう。

【以下続く】


Related Link:
ブレインストーム  amazon

マイケル(クリストファー・ウォーケン)やリリアン(ルイーズ・フレッチャー)らは、人の体験や記憶などを記録して他人に伝達できる装置“ブレインスキャン”を開発した。しかし、これを軍部は洗脳など軍事目的に使用しようとし…

a0011290_2146464.jpg

■ TSUTAYA online / VIDEO&DVD - ブレインストーム
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml?pdid=10008657





  

'Mind over matter' no longer science fiction 続き

脳波計(EEG)の活性度を図るいくつかあるうちの1つである、
ウォズウァースシステムとは、脳波を分析し、特定の精神的努力
に対応する活動の頂点を識別するアルゴリズムに基づいている。

ブラナー博士がスクリーンの半分を占める文字とシンボルの
キーボード状のグリッドの中で、「bonjour」の「B」に集中する
事を始めると、迅速な連続でコンピュータはランダムに文字列を
ハイライトする。文字「B」を含んでいる列(垂直か水平)が照ら
される度に、ブラナーの脳は僅かに強い信号を放射する。
彼がどの文字を見ているのかをコンピュータが判別するのに、
約15秒かかる。システムを利用するソフトウェアと人は、時間と
供により効率的になるので、そのシステムは2重の適応力を持つ。

「それはとても実用的では無いように思えるかもしれない。だが
麻痺している人にとって現実に雲泥の差を作り出す事が出来る」
セラーズは言う。実際、筋萎縮性側索硬化症(神経細胞を攻撃す
る不変的に致命的な変性疾患)に冒されたある米国の48歳の最早
すでに目を動かす事すら不可能な神経生物学者にとっては、
ウォズワースBCIテクノロジーは、単にコミュニケートするだけ
でなく、働き続けるのを可能にしている。

「彼は補助金提案を書き、電子メールを送り、自宅のコンピュー
タのキーボードを使用する事が可能」とセラーズがその人につい
て語った。彼のプライバシーを保護する為、彼女はその人を特定
する事を避けた。彼はパリの展示会の為のメッセージを書きさえ
した。それをセラーズはスクリーンに映した。

革新的公共事業の毎年度のコンペのスポンサーであるフランスの
イノベーション・コンサルティング会社の、「Altranに」と彼は
書き始める。2005年度のコンペ勝利者は、ウォズワースセンター
の代表、ジョナサン・ウォルパー。
「私はBCI無しでは働けなかった神経生物学者です。」
誤タイプなどと供にメッセージは読まれた。
「私はウォズワース・センター・脳コンピュータ・情報伝達研究
プログラムの好意による私のEEGでこれを書いている」


'Mind over matter' no longer science fiction 記事原文

'Mind over matter' no longer science fiction

Sitting stone still under a skull cap fitted with a couple dozen electrodes, American scientist Peter Brunner stares at a laptop computer.
Without so much as moving a nostril hair, he suddenly begins to compose a message -- letter by letter -- on a giant screen overhead.
"B-O-N-J-O-U-R" he writes with the power of his mind, much to the amazement of the largely French audience of scientists and curious onlookers gathered at the four-day European Research and Innovation Exhibition in Paris, which opened Thursday.
Brunner and two colleagues from the state-financed Wadsworth Center in Albany, New York were demonstrating a "brain computer interface (BCI)," an astounding technology which digitalizes brain signals emitted as electrical impulses -- picked up by the electrodes -- to convey intent.
While no spoons were bent, this was definitely mind over matter.
Without recourse to nerves or muscles, BCI "can provide communication and control to people who are totally paralyzed" and unable to unable to speak or move, explains researcher Theresa Sellers, also from Wadsworth.
Dr. Sellers estimates there are some 100 million potential users of BCI technology worldwide, including 16 million sufferers of cerebral palsy, a degenerative brain disease, and at least five million victims of spinal cord injury.
Another 10 million people have been totally paralyzed by brainstem strokes, she said.
Scientists have been experimenting with ways to translate thought directly into action for nearly two decades, but BCI has only recently begun to move out of the laboratory and into the daily lives of those trapped inside bodies that no longer respond to their will.
Possible applications extend beyond the written word into physical movement -- it is only a matter of time, Sellers says, before the same technology is used to operate motorized wheel chairs.
"We can do already.
But it is a complex problem, and for now it would be unsafe," she says.
The frightful condition of being "locked in" came into the public eye in the late 1990s, when French journalist and Elle Magazine editor Jean-Dominique Bauby, after suffering a massive stroke, painstakingly "dictated" a beautiful and moving memoir by blinking his left eyelid.
"The Diving Bell and the Butterfly," published two days before he died, became an international bestseller.
Had BCI technology been available to him, Bauby would almost certainly have been able to write his book unassisted, and in a fraction of the time.
The Wadsworth system, one of several that detects electroencephalographic (EEG) activity, is based on an algorithm that analyzes the brain waves and identifies peaks in activity that correspond to particular mental efforts.
As Dr. Brunner concentrates on the "B" of "bonjour" in a keyboard-like grid of letters and symbols taking up half the screen, a computer randomly highlights lines of characters in rapid succession.
Each time the row -- vertical or horizontal -- containing the letter "B" is illuminated, Brunner's brain emits a slightly stronger signal.
It takes the computer about 15 seconds to figure out what letter he is looking at.
The system is doubly adaptive, with both the software and the person using it becoming more efficient over time.
"It may not sound very practical, but for someone who is paralyzed it can make all the difference in the world," says Sellers.
Indeed, for at least one 48-year old neurobiologist in the United States stricken with amyotrophic lateral sclerosis -- an invariably fatal degenerative disease that attacks nerve cells -- the Wadsworth BCI technology has make it possible not only to communicate but to continue working, even though he can no longer even move his eyes.
"He writes grant proposals, sends e-mails and can use the keyboard of a computer at home," Sellers said of the man, whom she did not identify in order to protect his privacy.
He even wrote a message for the exhibition in Paris, which Sellers projected onto a screen.
"To Altran," he began, referring to the French innovation consulting firm that sponsors an annual competition for public service innovation, won in 2005 by the head of the Wadworth Center, Jonathan Wolpaw.
"I am a neuroscientist wHo couldn't work without BCI," the message read, typo and all.
"I am writing this with my EEG courtesy of the Wadsworth Center Brain-Computer Interface Research Program."
(c) 2006 AFP

■ 'Mind over matter' no longer science fiction
[AFP - PhysOrg.com - General Science : June 09, 2006]
http://www.physorg.com/news69039322.html
[PR]
by gangster007 | 2006-06-13 21:47 | SCIENCE
<< Psychiatrist Ji... Larry Silverstein >>