陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
more...
Professor challenges Mayan calendar opinion
マヤ暦「2012年」に挑む教授

■ Professor challenges Mayan calendar opinion
[Daytona Beach News-Journal Online -- March 15, 2006]
http://www.news-journalonline.com/NewsJournalOnline/News/Local/newWEST04031506.htm

面白い。
ニューエイジ系の情報ほぼそのまま、とは大違い。
意図的な攻撃(T学会とか)でもない。
貴重なので日本語訳してUP。

2012年12月21日、世界に終が来るか、否か?

何人かのニューエイジ系の作家や指導者らが「黙示」として
その日を売り込んでいる間、ステットソン大学の教授はその背後
にあるものを推測する事に挑戦し続けている。

今日のシティ・アイランドのボルシア郡ライブラリー・センター
の公開レクチャーで、Robert Sitlerは以下を講義する予定。
「2012年現象:古代マヤ暦に関するニュー・エイジ界の盗用」
彼はこの論説を、オルタナティブおよび新興の宗教の専門誌、
Nova Religioに先月書いた。

スペイン言語学および文学の准教授のSitlerは、1994年に
ステットソンに来た時からマヤ文化の研究と教育を続けている。
彼は、マヤ暦は長い間、連続的な書籍の流出と数百のウェブ・
サイト上での「著しい誤解」の題材であり続けてきたと主張する。

これらの投稿と出版物は、マヤの長期計算暦について一般の興味
が増している事の証拠。この暦は、スペイン人征服者の到着の
かなり前に、グアテマラ、メキシコおよびベリーズのマヤ人ら
による使用は中止されていた。

2012年とは、現在の「b'aktun」サイクルの最後の日、あるいは
144,000日のピリオド、および13のそのようなサイクルから成る
さらに長い期間の最終日。なぜ暦が終わりの日に整えられている
のかは誰も知らない、とSitlerは言う。しかしマヤ人は天文学に
ついての正確な知識で知られていた。

「暦があらかじめ予定された終末の日を持っているように見える
と言うのは、多くの人にとって奇妙なコンセプトだ。」
セント・オーガスチン生まれでシアトルに住むJeremy Pumaは
述べた。彼は「グノーシス主義」的ブログ Fantastic Planetを
書いている。http://www.snant.com/fp/
彼はメールでのインタビューで次のように書く。
「マヤ人は暦を、作物を植える為や他の目的に使用していた。
だがニュー・エイジ・ムーブメントは暦のより神話的な様相を
盗み取ったように思える」

何はさて置き、SitlerとPumaはニューエイジ作家のホゼ・ アグ
エイアス(Jose Arguelles)について意見が一致する。1987年
8月の宣言「ハーモニック・コンバージェンス」が最も有名。
ハーモニック・コンバージェンスとは、
「歴史的調和波長の指数関数的増大と、未だかつて無い
同期の瞬間への段階的な移行」であり
「銀河光線へ至る残り25年の変速点」だとアグエイアスは
述べる。

Sitlerは、アグエイアスのアプローチとはマヤ文化の「創造的な
放棄」であると言う。それに異議を唱える時、Sitlerは以下の
問題点を指摘する。何人かのマヤ人が実際に使用するカレンダー
とは著しく異なる260日間のマヤの儀礼的暦のアグエイアス・
バージョンとは、マヤの固有文化というより「銀河的なマヤ」の
バージョンだと言う事。

「アグエイアスとは、2012年に関する概念を用いてニューエイジ
志向の一般人に接近しようとする、常に拡大をし続ける国際的
グループの中の、単に最も良く知られた教師であるに過ぎない。
そのグループは、高度な創造性を持ち、非常にエキセントリック
な個人らを、多数取り込んでいる。」Sitlerは言う。
2012年までの期限で動く時計を特徴とするウェブサイトの存在に
ついて彼は言及する。そこには2012年の日付をつけたTシャツ販売
の別のリンクといくつかのポップアップ広告がある。
【以下続く】


Related Link:
■ Rosslyn, ley lines and the baron knights
  ロスリン礼拝堂、レイ・ライン、男爵の騎士
http://conspiracy.exblog.jp/2285040/



マヤ暦「2012年」に挑む教授 続き

騒々しい商業主義にもかかわらず、この題材には多くの重要性
が残っている、とメタ・サイエンス・リサーチ・フォーラム役員
のJeff Dorianは言う。この地方集団は、エッジウォーター
公立図書館で毎月会合を行っている。Dorianは彼のグループに
対してマヤの暦についての話をしてもらう為に、専門家が来て
くれるのを長期間待ち続けていると述べた。
「マヤ暦の終わりが全ての終わりになる可能性を信ずる人々は、
数パーセントは居る」Dorianは言う。
「専門家の数と同じく、マヤ暦の解釈も様々だ」

オーモンドビーチのニューエイジショップ、「クリスタル・
コネクション」の中には、馬鹿でかいドラムとフルートのソフト
な吹き音と、訪問者に挨拶する良くわからない熱帯雨林性の鳥の
金切り声が響く。書籍棚には「四次元世界」「トトの書」
「Waking the Tiger:トラウマを癒す」などのタイトルの本が
並ぶ。さらにはピラミッドとかウルグアイからのアメジストとか
天使や妖精(おそらくゲール語で"faeries"とも綴る)などの本
もある。

ショップのオーナーのRoger Hollanderは、2012年が
世界の終わりをもたらすとは思っていないと言う。しかし彼は、
「多くの人々はこれを信じている。さらにより硬く信じる人たち
もいる」とも加えた。インディアン・ロック・ビーチとセント・
オーガスチンに同じような店を持つHollanderは、変化が
2012年に起こるのかもしれないと信じている。
「世界はより深くより良い意識の感覚を持つようになる。その時
までに人々は、今行っている知覚を徐々に無くして行かねばなら
ない。そうして我々はそこに居るか、居ないかのどちらかだ。
まさに我々はそれを経験しなければならないのだ。」

Sitlerは、マヤの文化は2012年を、2000年を取り囲んで
大騒ぎになったY2K問題を「最終的にしのぐほどの人目を引く力」
にまで発展させる可能性があると予言する。



Related Link:
■ The Stargate Conspiracy
[火星+エジプト文明の建造者[9神]との接触]
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/473.html

だが、現実問題として、「九人」の思想は、世界の政治家に
影響を与え、世界の数百万のニューエイジの読者層に吸収され、
国連にもその傘下の組織が設置されている。
目的は各界の大物と優秀な頭脳を結集して、新世界宗教を人類に植えつけることにあるという。



Professor challenges Mayan calendar opinion 原文
By MARK HARPER
Education Writer

The end of the world will come on Dec. 21, 2012. Or not.

While some New Age authors and teachers are touting that date as an apocalypse, a Stetson University professor is challenging the reasoning behind it.

At a public lecture at the Volusia County Library Center on City Island today, Robert Sitler plans to discuss "The 2012 Phenomenon: A New Age Appropriation of an Ancient Mayan Calendar," an article he wrote last month for Nova Religio, the Journal of Alternative and Emergent Religions.

Sitler, an associate professor of Spanish language and literature, has been studying and teaching Mayan culture since arriving at Stetson in 1994. He contends the Mayan calendar has long been the subject of "gross misinterpretation" on several hundred Web sites and in a continuous stream of books.

Those postings and printings are evidence of a growing public interest in the Mayan Long Count calendar, which had fallen out of use by the Mayans of Guatemala, Mexico and Belize, long before the Spanish conquerors had arrived.

The 2012 date is the last day of the current "b'aktun" cycle, or period of 144,000 days, and the final day of an even longer period consisting of 13 such cycles. No one knows why the calendar is arranged with an end date, Sitler said. But the Mayans were known for their accurate knowledge of astronomy.

"It's a weird concept to many because the calendar seems to have a preordained ending date," said Jeremy Puma, a Seattle resident and St. Augustine native who writes Fantastic Planet, a "gnostic" blog. He noted in an e-mail interview that the Mayans used the calendar for planting crops and other purposes, but the New Age movement "seems to have glommed onto the calendar's more mythological aspects."

First and foremost, Sitler and Puma agree, is New Age author Jose Arguelles, most famed for his declaration of a "Harmonic Convergence" in August 1987. The Harmonic Convergence, Arguelles said, was the "exponential acceleration of the wave harmonic of history as it phases into a moment of unprecedented synchronization," and "a shift point into the last 25 years of the galactic beam."

Sitler says Arguelles' approach is Mayan culture with "creative abandon," and when challenged, will note that his version of a 260-day Mayan ritual calendar, which differs significantly from the actual calendar used by some Maya even today, is a version of the "Galactic Maya," rather than the indigenous Maya.

"Arguelles is merely the best-known teacher in an ever-expanding international group that includes dozens of highly inventive and often eccentric individuals reaching out to the New Age public with their ideas concerning 2012," Sitler said. He notes the existence of a Web site that features a running clock until Dec. 21, 2012, with links to another selling T-shirts bearing the 2012 date and featuring several pop-up ads.

Despite the blatant commercialism, there remains a lot of interest in the subject, said Jeff Dorian, director of the MetaScience Research Forum, a local group that meets monthly at the Edgewater Public Library. Dorian said he has long wanted to land an expert in the Mayan calendar to speak to his group.

"There is a percentage of people who believe the end of the Mayan calendar will be the end of everything," Dorian said. "There's about as many interpretations of the Mayan calendar as there are experts."

Inside an Ormond Beach New Age shop, the Crystal Connection, a thumping of drums, soft whistle of a flute and screech of an unidentifiable rainforest avian greets visitors. Books line the shelves, carrying titles such as, "The Fourth Dimension," "The Book of Thoth," and "Waking the Tiger: Healing Trauma." Also available: pyramids, amethysts from Uruguay, angels and fairies (spelled "faeries", presumably to seem more Gaelic).

Roger Hollander, owner of the shop, said he doesn't believe 2012 will bring the end of the world. But, he adds: "There are many people that believe this. Some believe this strongly."

Hollander, who also owns similar shops in Indian Rocks Beach and St. Augustine, believes a change could be coming in 2012.

"The world will have a better, a deeper sense of consciousness. By then, (people) should be worn out doing it how they're doing it now. We'll either be here or we won't; we'll just have to experience it."

Sitler predicts the Mayans' culture could lend 2012 "an attractive power that may eventually even outstrip" Y2K, the hype surrounding the year 2000.

mark.harper@news-jrnl.com

LECTURE

Stetson professor Robert Sitler will lecture on "2012, the Mayan Calendar and the Future," at 3:30 p.m. today in the Adult Auditorium, Volusia County Library Center, City Island, Daytona Beach.

Did You Know?

If you caught the beginning of the recent Academy Awards telecast, you may have wondered why actor-director-producer Mel Gibson was speaking a strange language. It was just a little plug for his upcoming movie "Apocalypto," which is set 500 years ago in ancient Mayan times.

· The dialogue in Gibson's new film will be spoken entirely in an obscure Mayan dialect and is described as being a "heart-stopping mythic action-adventure."

· This isn't the first time Gibson has ventured into foreign-language territory. The dialogue in his 2004 film "The Passion of the Christ" was spoken only in Latin and ancient Aramaic.

-- Compiled by News Researcher Peggy Ellis

SOURCES: News-Journal archives; www.variety.com; www. apocalypto.movies.go.com

■ Professor challenges Mayan calendar opinion
[Daytona Beach News-Journal Online -- March 15, 2006]
http://www.news-journalonline.com/NewsJournalOnline/News/Local/newWEST04031506.htm
[PR]
by gangster007 | 2006-03-20 21:26 | Unexplained
<< 朝日新聞社長の長男、大麻所持で逮捕 サイバースペースからの挑戦状 >>