陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
Rosslyn, ley lines and the baron knights
a0011290_065843.jpg
ロスリン礼拝堂、レイ・ライン、男爵の騎士

■ Rosslyn, ley lines and the baron knights
[Scotsman.com - Heritage & Culture - Thu 22 Sep 2005]
http://heritage.scotsman.com/myths.cfm?id=1973212005

ロスリンでヒーリングをやっているのが前マスター・メイソンだと。
ごく最近UPされた資料なので記録。

DIANE MACLEAN

ロスリン礼拝堂は混雑している。世界中からやってきた観光客が、
その華麗な内部空間をさまよっている。もうすぐ撮影が始まる、
「ダ・ヴィンチ・コード」の出演者とクルーに備える為、大工と
映画セット業者は、偽の石壁を使用し、不体裁な足場を覆い隠す
仕事をしている。

私がこの場所の聖杯またはキリストの血脈を調査する唯一の人間、
と言う訳ではない。私は、全てのミステリーの源でありうる
ロスリンの真下に位置する「フォース」を示してくれるという、
前マスター・フリーメイソンに面会した。
「まず最初に貴方は手でコレを取らなければならない。」
ジム・マンロは指示し、巨大なジャガーの牙を私の手のひらに
置いた。「正しい時間になったら、礼拝堂の北東の角に貴方を
連れて行き、ある場所に立つ。そして私がする事の全てを行い、
手を開いてリラックスする。」

マンロは、莫大に強力な「レイ・ライン」がロスリンを通って
走っており、その存在は一千年を通じてこの区域の数多くの様々
な聖なる遺跡の建設を導いてきたと信じている。
彼は、ピクト族、ドルイド、ローマ人ら全てがこの場所を敬った
ものと考えている。さらに1446年ロスリン礼拝堂を建設した、
ウィリアム・シンクレア卿は、その強力な特性を利用するため、
この場所に礼拝堂を建設する事を決めたと考えている。
(シンクレア一族は、約1599年頃にエジンバラでフリーメイソン
を設立、その指令が世界に向け始められた。)

レイ・ラインは相当なミステリー。その概念は、多くの古代遺跡
が直線上に整列している事に気がついた、英語学者で写真家の
アルフレッド・ワトキンズが、1920年に初めて提唱したもの。
有史以前の建立石、宗教改革以前の古代教会、神聖井戸、
等は全て特定のパターンに則ってレイアウトされているという。
その後1960年代という神秘的時代に、レイ・ラインは地球の謎、
スピリチャリティ、未知の物体、等に関連する新たな次元を
与えられた。人々は小枝やハンガーを使ったダウジングによって
それらを探求する事を始めた。

ロスリンのツアーを連れて回っているマンロは、レイ・ラインは
エネルギー場であると考えている。そして水晶を通じてそれらと
チャネリングする事により、苦しむ人を助ける事が可能とも
考えている。「貴方はその中にエネルギーを圧縮できる。」
「私はそれをヒーリングに使う。しかし人々を完全に治せる
と主張している訳では無い。」彼はそう述べた。
彼が助けたある女性は、ロスリンでのヒーリング・セッションの
後に1年ぶりに初めて階段を上れるようになった。彼はそれが
物質性を超えた精神力である可能性を認めている。がしかし、
レイ・ラインのパワーの単に1つの例にすぎないとも言っている。
【続く】


Related Link:
■ The Templar Revelation
 テンプル騎士団の隠された正体
http://conspiracy.exblog.jp/2214348/

■ Rothschilds and the Grail Bloodline
ロスチャイルドと聖杯の血脈
http://conspiracy.exblog.jp/2205849/

2006/03/21追記
■ Professor challenges Mayan calendar opinion
マヤ暦「2012年」に挑む教授
http://conspiracy.exblog.jp/3367764/



マンロは、パワーを働きかける対象の人の手に、アイルランドの
ダウザーから与えられた300年前のジャガーの牙を置く事により、
そのプロセスを開始する。その牙は人をリラックスさせ、他の
事を考える事を停止させる。その人がより敏感な心の状態に
なった時、礼拝堂の中に連れて行く。マンロは言う。
「礼拝堂には7本の柱がある。その頂上部には全て異なった彫刻
がある。」
「北東の隅の柱は、唯一彫刻が無い側面を持つ。」
「そこがレイ・ラインが教会を通り抜ける場所だ。」

そのレイ・ラインはマンロが「世界最高のダウザー」と呼ぶ、
リン・ユンによって彼に示された。リン・ユンは世界の最も神聖
な場所を探し出すという彼の探求の一部として、チベットから
ロスリンまでやってきた人物。彼はエジンバラのすぐ外側の、
サウス・クイーンズフェリーからロスリン、ミッドロジアンを
通り、古代テンプル騎士団の前線基地でテンプルとして知られ
るBalantradochまで下り、その源を辿った。そこからそれは、
数多くの重要なフランスの大聖堂を通り、スペインを通過し、
最終的にエルサレムで終わるまで、それを辿る事が可能という。
このダウザーによれば、そのレイ・ラインは非常に強力。

「私にとってこの場所は絶対的神聖で絶対的特別。」
レイ・ライン自体はその区域の人間存在より前にあったものだが、
霊的な場所としての継続的使用が、力の増加に結びついていると
確信しているマンロは、そう述べた。
「ロスリンの20人の男爵らが、開かれた岩棚の地下納骨堂に、
完全武装で埋葬されている。」
「彼らは1650年に最後に目撃された。しかし彼らは今でもここに
いると私は信じている。彼らの魂は神聖な建物の内部に留まり、
それを神聖なものにし続けるのを助けていると私は信じる。」

我々が礼拝堂に入るとマンロはいくつかの重要な特徴を指摘した。
1つ目はマーキュリー神の顔の彫刻。その役割は地球のエネルギー
を峡谷から引き落とし、建物内部へと流す事だという。次に彼は
北米大陸の植物を表していると言う彫刻を示した。
それはシンクレア一族がコロンブス以前にアメリカを訪問して
いた事を「証明」するものだという。

【ニューエイジ的ヒーリングの話になるので以下略】


[PR]
by gangster007 | 2005-10-03 00:29 | FREEMASON
<< Unborn babies f... Idaho weatherman >>