陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
Zahi Hawass & The Osiris Shaft
ザヒ・ハワスとオシリス・シャフト
a0011290_18494850.jpg
[TBS - ブロードキャスター - 2005/09/24]

エジプト考古学者で考古庁長官、ザヒ・ハワスの
「オシリス・シャフト」についての解説が、TBSの09/24、ブロードキャスター
に登場。
a0011290_1851957.jpg

この話と直接関係あるのが、「The Stargate Conspiracy」
ザヒ・ハワスとエドガー・ケイシー財団についての記述が最重要。
TBSの放送内容より、「The Stargate Conspiracy」の方が
よっぽど面白いので、該当する記述をUP。
この本は貴重。色々な意味での観察の対象。

1931年に、エドガー・ケーシーは、生涯の仕事を推進するために、
ARE(エドガー・ケーシー財団)をバージニア州バージニアビーチ
に設立した。当初はかなり小規模な組織だったが、1970年代初頭
に、突然裕福なメンバーが流れ込み始めた。AREは今や大金持ち
の権力組織と化し、エジプトその他の場所で、ケーシーの主張を
裏づける考古学調査に大金を注ぎ込んでいる。
実は、AREは新エジプト学を形成するのにも、大きな役割を
果たしていたのである。

ケーシー予言が「10500」のネタ元?

見てきたように、ケーシーの言うBC10500年の重要性は、
新エジプト学にはふんだんに取り込まれたが、正統派エジプト
学者からは証拠の欠落が暴露されている。だが、この両陣営を
代表する二人の大物のどちらにもAREが絡んでいるのだ。
マーク・レーナーは、映画『アトランティス/失われた帝国』用
に小型ピラミッドを建てたことで知られる、エジプト在住の高名
なエジプト学者である。国際的にも定評がある。【中略】
1973年に、エドガー・ケーシーの息子のヒュー・リンが、まだ
学生だったレーナーを、AREのエジプト研究グループに迎え入れ
た。彼の勉学の費用をまかなったのもAREであり、最近では、
大ピラミッドのサンプルを放射性炭素測定するための資金も捻出
している。【中略】

a0011290_1854196.jpg

だが、AREの世話になったギザの大物は、マーク・レーナー
だけではなかったのである。驚くべきことに、彼の宿敵、
ザヒ・ハワスもAREから資金を得てエジプト学者になっていたのだ。
ハワスは、1987年以来、ギザ台地の監督者という有力な地位
を築き、最近では、エジプト考古局長官にまで昇進している。
彼は、ヒュー・リン・ケーシーから奨学金を得て、1980年から
87年までペンシルベニア大学で勉強し、エジプト学の博士号を
得た。ハワスは、以来AREとの連携を保ち、バージニアビーチの
本部会議で定期的に講演を行っている。少なくとも、ギザに
おけるエジプト学の大物二人が、エドガー・ケーシー財団に
つながっているのだ。

The Stargate Conspiracy:
火星+エジプト文明の建造者〈9神〉との接触 (徳間書店)
P80-82


Related Link:
■ EGYPTIANS FIND TOMB OF ANCIENT GOD OSIRIS
[Cephas Ministry Inc. - Files about Freemasonry]
http://www.cephasministry.com/freemasons_egypt.html

EGYPTIANS FIND TOMB OF ANCIENT GOD OSIRIS

GIZA, Egypt, Feb 16, 2000 (Reuters) - Sinking water levels have revealed a granite sarcophagus of the ancient Egyptian god Osiris in a 30-metre (98 feet) deep tomb at the Giza pyramids, Egyptian archaeologist Zahi Hawass said on Wednesday.

Osiris was one of the most important gods of ancient Egypt who according to mythology was murdered by his wicked brother Seth. He was buried by Isis, his sister-wife, and brought back to life as judge of the dead and
ruler of the underworld.

Hawass said the sarcophagus, which he dated to 500 BC in the New Kingdom, was surrounded by the remains of four pillars built in the shape of a hieroglyphic 'Bir' or 'House of Osiris'.

The excavation unearthed 3,000-year-old bones and pottery found in the underground water, he said.

"I never excavated this shaft because it was always full of water. But when the water went down about a year ago, we started the adventure," he told Reuters.

After dirt and most of the remaining water were cleared from the shaft, located between the Sphinx and the Pyramid of Chefren (Khafre), archaeologists found three underground levels, with the submerged Osiris
sarcophagus at the lowest.

"Many people believed there were tunnels going to the Sphinx and another leading to the Great Pyramid but only when we sent a young boy into a tunnel in the west wall (of the tomb shaft) did we find this exciting discovery," said Hawass. [Source: via: hblondel@tampabay.rr.com - http://philologos.org/bpr ]


2006/11/16 追記
■ Night UFO at the Pyramids
ピラミッド上空のUFO
http://conspiracy.exblog.jp/4695403/

■ エドガー・ケイシー財団AREと2人のエジプト考古学者
http://www.asyura2.com/0411/bd38/msg/474.html

■ The Templar Revelation
 テンプル騎士団の隠された正体
http://conspiracy.exblog.jp/2214348/

■ FREEMASON & Edgar Cayce フリーメイソンとエドガー・ケーシー
http://conspiracy.exblog.jp/1513659/
[PR]
by gangster007 | 2005-09-26 19:08 | FREEMASON
<< Idaho weatherman BLACK TRIANGLES... >>