陰謀観察&研究
by gangster007
RECENT ENTRIES

以前の記事
Philip K. Dick
a0011290_185444.jpghttp://www.philipkdick.com/
聖なる侵入

Philip K. Dick








フィリップ・K・ディック年譜
(早川書房 フィリップ・K・ディック・リポート)
牧眞司"編 の気になる箇所

1928:12月16日シカゴにて、フィリップ・キンドレッド・ディック、二卵性双生児
     の片割れとして誕生。
1929:双子の妹ジェーン・シャーロット・ディック、生後四十日あまりで夭折。
1944:バークレー高校に入学。
1946:重い精神的不安に悩まされ、以後二年間にわたりセラピーに通う。
1963:はじめて神秘体験をする。
     「スロットのような目をした巨大な顔」が
     空からディックを見おろしていた。宇宙の根源的な悪を見た」

     と確信したディックは、妻アンとともに監督教会に通うようになる。
1967:堅牢な耐火金庫を購入し、貴重なSF雑誌や切手、レコードの
     コレクション、自著や手紙などを収める。
1971:留守中に何者かが家に侵入し、耐火金庫を爆破し、収めてあった
     書類を持ちさる。ディックがトラブルを予期して買っておいた拳銃も
     なくなっていた。過激派あるいは狂信者のしわざか、FBIやCIAの
     強引な家宅捜索なのか。真相は謎。
1974:二月から三月にかけて神秘的な出来事を何度となく体験。そのなかで
     神、あるいは「巨大にして能動的な生ける情報システム」
     とコンタクトした
と確信し、膨大な記録 Exegesis を書きつける。
1977:フランスのメッスで開催されたSFフェスティバルにゲスト・オブ・オナー
     として招待される。神を見たことを公言するスピーチを二時間
     喋りつづけ、聴衆を辟易させる。
1981:「ヴァリス」とその続編「聖なる侵入」刊行。
1982:心臓発作で倒れる。3月2日、ディック死去。享年53歳

-----------------------------------------------------

ディックは、ある「何ものか」に現実的に長期間監視され、
コントロールされていた可能性がある。
さらに、また別のある「何ものか」と直接接触し、
実際に何かを得たと思われる。

ディックほど、SF映画の原作として、取り上げられ続ける作家は、
他に存在しない。
ハリウッド(ユダヤ系巨大財閥)最大のSF映画原作者としての存在は、 
陰謀論 的関心を大いにそそる。







ディック原作映画の一例: PAYCHECK
http://www.paycheckmovie.com/

「光学レンズ」のリバースエンジニアリングという題材が出てくる。

ディックの原作という以前に、もともと「光学レンズ」は、「オーパーツ」
(アッシリア水晶レンズ、その他)として知られる、不気味ネタ。
監督が劇中のSF的描写の殆どを削除したと伝えられる。

記憶が消されて描写が無い部分
=”「光学レンズ」のリバースエンジニアリング”
が、本当は最大に興味深い所。
アッシリア水晶レンズとか Robert Temple の著作とかを事前に
知っていないと、興味は半減する。なにせ劇中で何も語られないので。
「光学レンズ」のリバースエンジニアリングの始まりから、
オールシーイングアイ的タイムマシンの繋がりまで、一般人には
総合的に意味不明のまま終わると思われる。

だが個人的に、この映画の評価は最高クラス。★★★★☆

2005/09/16追記
関連するリンク Related Link:
■ Rock Stars and Extraterrestrials
ロックスターと宇宙人
http://conspiracy.exblog.jp/2247302/
[PR]
by gangster007 | 2004-04-05 00:09 | Books
<< THE SOURCE OF S... Secret Societie... >>